反マスコミデモ 「原発事故で露呈した権力との一体化」

参加者は「原発推進メディア読売新聞の購読をやめましょう」などとシュプレヒコールをあげながら歩いた。=26日、渋谷。写真:中野博子撮影=

参加者は「原発推進メディア読売新聞の購読をやめましょう」などとシュプレヒコールをあげながら歩いた。=26日、渋谷。写真:中野博子撮影=


 「メルトダウンはしていない」「100mSvまでだったら大丈夫」「冷温停止」…26日、東電と政府による安全デマを垂れ流し続けてきたマスコミに、とうとう市民がデモをかけた。主催は「権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会」。

 「脱原発運動のターゲットはこれまで経産省と東電だった。だがマスコミも同罪。東電と政府の隠ぺい体質に手を貸してきたのがマスコミだ。(福島第一原発の)4号機がどうなっているのか、国民は分からない」――主催者の一人で環境NPOの役員(男性40代)は、デモに及んだ理由を語った。

 某大手新聞社で20年間、記者を続けてきたある参加者は次のような現状認識を示した。「原発事故ですべてが露呈した。マスコミは歴史的使命を終えたのだ。誰でもインターネットで一次情報に接することができる時代に、情報を遮断、加工して、それで金を儲ける。こんなナンセンスなことはない」。

 都内に住む68歳の男性がいみじくも指摘する。「本当の意味では収束していない。政府が言っても信用できない。マスコミは監視しなくちゃいけないのに、権力と一体化している」。

 宮下公園をスタートした一行は、渋谷界隈を練り歩いた後、「大本営報道課」のNHK前に到着した。「NHKは国民の放送局たれ。政府の肩ばかり持つな」、「原発はいらない」「受信料を払わないぞ」……夕闇が迫る巨大な放送センターに向かってシュプレヒコールが響いた。

 ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者の寄附によって支えられています。

国民の受信料で運営するNHKへの抗議は、一段とボルテージが上がった。=放送センター前。写真:中野博子撮影=

国民の受信料で運営するNHKへの抗議は、一段とボルテージが上がった。=放送センター前。写真:中野博子撮影=

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , , .