【カイロ蜂起・第2幕】 「米国のスパイにならない大統領を」

女性は「私はエジプト人、母もエジプト人、タンタウィ(軍最高評議会議長)が去るまでここにいる」と絶叫した。=26日(現地時間)、タハリール広場。写真:筆者撮影=

女性は「私はエジプト人、母もエジプト人、タンタウィ(軍最高評議会議長)が去るまでここにいる」と絶叫した。=26日(現地時間)、タハリール広場。写真:筆者撮影=

 「タンタウィ(軍最高評議会議長)はアメリカのスパイだ。イスラエルに住んで下さい。エジプト(の富)は泥棒から盗まれた…」。タハリール広場に響いているのは、13~14歳の少女の黄色い叫び声だ。

 43歳の男性は似たような趣旨のプラカードを持って広場を練り歩く―   「誰が大統領になろうと気にしません。大事なのは100%エジプト人のために尽くすことです。アメリカのスパイにならないことです。ムバラクはアメリカのスパイだった」。

 アメリカに国を売ることへの反発は、老若男女を問わずあるようだ。アメリカからエジプトへの資金援助は、年間20億ドル、このうちエジプト軍への援助が13億ドルを占める。アメリカからの援助はムバラク政権になって本格化した。

 エジプト軍はアメリカからの援助金で米国製の兵器を購入する。残りは人件費などにあて軍を維持するのである。軍は独裁者の体制を守るための道具となってきた。民衆は軍によって自由を奪われてきたのである。エジプト人の憎しみが、軍事援助を続けるアメリカに向かう理由のひとつだ。

 28日から投票が始まる議会選挙では、欧米支配からの脱却を掲げるムスリム同胞団の系列政党が大躍進するものと予想されている。そうなれば、アメリカの中東での影響力はさらに弱まる。「アラブの春」が、民主主義の本場を自負するアメリカへの強烈なブローとなるだろう。

米国製M60戦車がエジプトの代表的なイスラム寺院を警護する、という皮肉な光景=2月、モハンマッド・アリ・モスク前。写真:筆者撮影=

米国製M60戦車がエジプトの代表的なイスラム寺院を警護する、という皮肉な光景=2月、モハンマッド・アリ・モスク前。写真:筆者撮影=

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .