【原発作業員死亡】「対応は東電にお任せしている」 警察権委譲を認める園田政務官

園田康博・内閣府政務官。当事者意識がまるでない。所管すべき事柄も把握していなかった。これほど無能な政治家も珍しい。(11日夕、東電本店・内幸町。写真:筆者撮影)

園田康博・内閣府政務官。当事者意識がまるでない。所管すべき事柄も把握していなかった。これほど無能な政治家も珍しい。(11日夕、東電本店・内幸町。写真:筆者撮影)

 この国では、警察権を持つのは政府ではなく東電であることが明らかになった。現職の政務官が語るに落ちたのである。東電本店で11日夕、行われた東京電力と政府による合同記者会見での出来事だ。

 東電福島第一原発の事故処理にあたる作業員が短期間に3人死亡していることについて、園田康博政務官に筆者はじめ複数のジャーナリストが「司法解剖、行政解剖しているのか?」と質問したところ、園田政務官は「対応は東電にお任せしている」と答えた。

 人が自然死ではない死に方を遂げた場合、警察が司法解剖する。解剖にまでは至らなくても、病死や老衰といった自然な死に方でない場合、警察の検視官が死体を検分に行く。腹上死のようなものであってもだ。

 原発作業員の死亡について筆者は園田政務官に「警察が司法解剖したのか、していないのか?」と質問した。園田氏は「警察は私の担当ではない」と答えた。わざとスットボケたのではない。彼は本当にそう思っているようだ。園田氏は「警察からも聞いていない」そうだ。

 明らかに政治家として職務怠慢である。無能と言った方が正確だろう。原発事故をめぐる政府の対応のまずさにより、子供や妊婦を含めて多くの人が被曝したのである。園田政務官にはその自覚すらないようだ。

 怒りを禁じ得なかった筆者は、無礼を承知で突っ込んだ。「何をトボケたこと言ってるんですか。あなたは原子力担当の政務官なんですよ。線量が高い原子力発電所の現場で働いていた作業員の死亡原因を把握するのは、あなたの職務ではありませんか」。

 こうまで言われても園田氏は「対応は東電にお任せしている」としか答えなかった。

 6日、死亡した作業員の被ばく量は「2・02ミリシーベルト」とされているが、これはあくまでも東電の発表なのである。

 「時津風部屋で起きた力士の死亡事件の究明を親方に任せているようなもの」。ジャーナリストの柳原三佳さんは、事態をこのように喩えて園田政務官に迫った。

 園田政務官は「対応は東電にお任せしている」の一点張りだ。

 医学部で放射線物理学を専攻していた、おしどりマコさんの追及は問題の本質を突いていた。「児童虐待など加害者側が隠ぺいを図る場合、もしくは社会的な要請が高い場合、行政解剖が行われる。警察庁に行政解剖を指示するおつもりはないのか?短期間に同じ敷地内で作業員が3人死亡しているが、いずれも自然死だとお考えですか?」。

 園田政務官は判で押したように「対応は東電にお任せしている」と答えた。

 東電には警察官出身者が32人も天下っている。OBが後輩に「深入りするなよ」と電話一本かければ、遺体は原発からそのまま墓場に葬られる。東電が警察OBを高待遇で受け入れる理由だ。

 東電の記者会見場そばのトイレはいつ行っても人気がない。仮に田中龍作が何者かにスパナで頭を打ち砕かれて殺されたとする。通常、警察が司法解剖するが、東電が「田中氏の死因は脳溢血でした」と発表すればそれまでだ。園田政務官は例によって「対応は東電にお任せしている」と答えるだろう。

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , , , , , .