【香港発】 警察、右目失った女性のカルテ押収 一斉逮捕も可能に

警察に撃たれて右目を失った看護師(後姿)。支援者に厳重に守られて裁判所を後にした。=12日、高等法院前 撮影:田中龍作=

警察に撃たれて右目を失った看護師(後姿)。支援者に厳重に守られて裁判所を後にした。=12日、高等法院前 撮影:田中龍作=

 政府や警察への抗議の場で必ず見かける「右目を失い鮮血を流す女性」-世界を揺さぶる香港のデモのシンボルだ。

 親中派の日本マスコミはほとんど報じていないが、現在の香港が凝縮されている―

 8月11日、九龍半島一の繁華街である尖沙咀の警察署にデモ隊が押しかけ、衝突となった。

 この時、デモ隊と警察との間に入った救護班の看護師(女性)が、ビーンバッグ弾を右目に受けた。

 被弾した彼女は病院に救急搬送され手当てを受けたが、右目を失った。

 ここから先の対応が、中国返還後の香港警察らしい。鬼畜だ。

 警察は捜査令状を取り病院から彼女のカルテを持って行ったのである。カルテには住所、生年月日、職場などが記載されている。

警察の残忍さを表現したメイクは、反政府デモのアイコンとなっている。=10日、湾仔 撮影:田中龍作=

警察の残忍さを表現したメイクは、反政府デモのアイコンとなっている。=10日、湾仔 撮影:田中龍作=

 彼女は弁護士を通じて警察がカルテを持って行くことに反対した。その回数は4回にわたる。

 だが警察はそれを無視してカルテを返さない。彼女は警察を相手どり「カルテ押収は無効」であるとする訴訟を起こした。12日、香港高等法院は彼女の主張を聞いた。

 訴えが斥けられた場合、彼女は暴動罪で逮捕起訴される恐れがある。

 さらに、警察は大っぴらに病院のカルテを持っていけることになる。デモで負傷し病院で手当てを受ければ、即逮捕なのである。一網打尽だ。

 数少ない中立系メディアのRTHKによると、香港警察は病院のデータベースにバックドア(勝手口、侵入口)を持っているとされる。今回のケースはそれが実証されたことになる。

警察は明らかに狙って撃ってくる。事件当日の写真ではありません。=撮影:田中龍作=

警察は明らかに狙って撃ってくる。事件当日の写真ではありません。=撮影:田中龍作=

 警察がやっきとなっているのは、理由がある。彼女が撃たれた瞬間の映像を、地元TV局が押さえているのだ。

 過剰警備なんてものじゃない。救護班の看護師を狙撃したのである。警察には一分の理もない。

 不都合な人物は速やかに獄中に入れて物言えぬようにしてしまいたい。そんな魂胆が見える。

   ~終わり~
 
    ◇
巨龍が牙をむいて襲ってきても、希望を失わずに闘う香港の人々を取材するために現地まで足を運びました。

カードをこすりまくっての借金です。ご支援何とぞ宜しくお願い致します。
       ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国