【香港発】消された政府批判の落書き 本領発揮し始めた中国の言論統制

【アフター】落書きという落書きはきれいに消えていた。警察批判などはなかったかのようだ。=20日、政府本部庁舎前 撮影:田中龍作=


【アフター】落書きという落書きはきれいに消えていた。警察批判などはなかったかのようだ。=20日、政府本部庁舎前 撮影:田中龍作=

 有力紙の社長(※)が「(天安門事件で戒厳令を発動した)李鵬(首相)は大バカ」と言えるほど言論の自由があるのが返還前の香港だった。(※蘋果日報=Apple Daily 創業者の黎智英)

 落書きは言論の自由の象徴ともいえる。返還後も、少なくとも今年6月までは政府批判の落書きや貼り紙は当たり前のようにあった。

 ところが最近は落書きも取り締まりの対象となってきたようだ。

 19日付け拙ジャーナル『急加速する中国の締め付け 「革命」を唱え始めた若者たち』でお伝えしたように、政府本部庁舎壁にスプレーで吹き付けられていた落書きを警察官たちが、一つひとつ調べ記録していた。

 落書きは、警察の暴力を批判したり、「(デモは)暴動ではない」と抗議活動の正当性を主張したりする内容だった。

 ところが、きょう20日、政府本部庁舎に行ってみると、落書きは跡形もなかった。きれいに消されていたのである。

 6月の時点では壁に掛かっていた「反送中※」の垂れ幕もなくなっている。(※送中=政治犯を中国に引き渡すことを可能にする条例。中国側は「犯人引き渡し条例」と呼ぶ)

 落書きはメディアを持たない市民が真実を吐露する手段だ。落書きに対する取り締まりは、言論統制の一環ともいえる。

 香港がめっきり中国らしくなってきたようだ。

【ビフォー】落書きが壁一杯にスプレーで吹き付けられていた。警察官たちが調べ記録していた。=19日、政府本部庁舎前 撮影:田中龍作=

【ビフォー】落書きが壁一杯にスプレーで吹き付けられていた。警察官たちが調べ記録していた。=19日、政府本部庁舎前 撮影:田中龍作=

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国