定額働かせ放題は下げられたが「残業代ゼロ法案」は残った

高プロも捏造データをもとに労政審で審議され「おおむね妥当」とされた。データ捏造の病根は深い。=2月23日、厚労省 撮影:筆者=

高プロも捏造データをもとに労政審で審議され「おおむね妥当」とされた。データ捏造の病根は深い。=2月23日、厚労省 撮影:筆者=

 安倍政権は昨夜「働き方改革法案」の中から裁量労働制の拡大を削除した。だがスーパー裁量労働制といわれる「高度プロフェッショナル制度」は残った。

 通称「高プロ」は、専門的知識を必要とする年収1,075万円以上の労働者については、「労働時間」「休日、深夜の割増し賃金」の規定から適用除外される制度だ。ひとことで言うと「残業代ゼロ」制度である。

 裁量制の場合、割安であるにしろ残業代が賃金に含まれているが、「高プロ」はそもそも残業代がないのである。「スーパー裁量制」「裁量制の親玉」とも呼ばれる悪質極まりない制度だ。

 「高プロ」の適用要件は今でこそ1,075万円以上となっているが、次々と引き下げられ、最終的には、最低賃金労働者などのワーキングプアにまで降りてくるだろう。

 子分格の裁量労働制について、安倍政権は「最低賃金労働者や契約社員にも適用可能」とする閣議決定をしているのだから。

 安倍首相は朝刊に間に合うように昨夜11時30分、ぶら下がり記者会見を開いて、こう言った。「裁量労働制のデータについては、国民が疑念を抱く結果になっております」と。

中原のり子代表は「高プロを廃案に追い込むまで追及の手を緩めない」と固い決意を示していた。右は元厚労政務官の山井和則議員(希望)。データ捏造問題追及の先頭に立つ。=1日、衆院第16控室 撮影:筆者=

中原のり子代表は「高プロを廃案に追い込むまで追及の手を緩めない」と固い決意を示していた。右は元厚労政務官の山井和則議員(希望)。データ捏造問題追及の先頭に立つ。=1日、衆院第16控室 撮影:筆者=

 首相は裁量労働制を取り下げたことで、データ捏造事件の幕引きを図ろうというのだろうか。

 労働法制の決定に重大な影響力を持つ労政審(2017年9月)は、今回問題となった捏造データをもとに審議し、『裁量労働制』と『高プロ』を「おおむね妥当」とした。

 データ捏造問題は片付いたわけではないのだ。むしろこれからだ。

 『東京・過労死を考える家族の会』の中原のり子代表は、19年前、医師だった夫を過労死で亡くした。夜勤明けでそのまま日勤をこなすという超長時間労働だった。高プロの先駆けである。

 中原さんは裁量制の取り下げを受けて「逆に危機感を持っています」と険しい表情で語った。

 毒を盛った皿が3皿も4皿も出て、うち1皿は下げられたが、最も強い毒を盛った皿は残った。いずれを食べても労働者は殺される。

   〜終わり~

   ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。マスコミのように安倍政権や経団連におもねる必要がありません… http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

雇用