【沖縄弾圧】 次は本土 「この国は来る所まで来ている」

大規模違法伐採の現場を見せまいと機動隊が立ちはだかる。=10月19日、ヘリパッド建設現場 撮影:筆者=

大規模違法伐採の現場を見せまいと機動隊が立ちはだかる。=10月19日、ヘリパッド建設現場 撮影:筆者=

 11ヵ月も前にあった微罪で基地建設反対運動のリーダーが再々逮捕されたことは、地元紙のWeb報道などでご存知の向きもあるだろうが、サブリーダーにあたる現場の指揮官が同じ容疑で逮捕されたことはあまり知られていない。

 2人の逮捕容疑は今年1月、米軍キャンプシュワブゲート前にブロックを置いたことが、公務執行妨害にあたるとするものだ。

 逮捕を口実に沖縄平和運動センターや辺野古基地建設反対運動の拠点であるテントなどに警察の家宅捜索が入った。

 なりふり構わぬ弾圧が沖縄で続く。年末までに高江のヘリパッド建設を完了しなければならない・・・警察庁出身の杉田和博・官房副長官が差配する官邸の焦りだ。

 安倍政権の大方針に逆らう者は、何が何でも潰す。独裁の姿勢である。 

日本のマスコミは朴政権の不祥事を熱心に報道する。日本政治に問題はないかのように。=11月12日、ソウル 撮影:筆者=

日本のマスコミは朴政権の不祥事を熱心に報道する。日本政治に問題はないかのように。=11月12日、ソウル 撮影:筆者=

 事あるごとに沖縄の現場に足を運ぶ山本太郎議員と沖縄3区選出の玉城デニー議員に話を聞いた。

 山本議員は「(テレビ報道は)小池劇場、(トランプの)米国、韓国で一杯。テレビの情報が世の中を覆い隠している。事実が伝わっていない」と指摘する。

 官邸のメディアコントロールは、沖縄でもいかんなく発揮されている。力による情報隠しだ。

 大規模伐採などを克明に記録していたカメラマンが“転び公妨”で逮捕、拘束されたままなのである。

 玉城議員は「沖縄はレジャーで楽しむ場所というイメージを植え付け、本当の事は見せないようにしている」。

 「国家権力が国民に向けられてきた時、どうなるか? 沖縄にしっかりと目を向けていかなくてはならない」と、玉城議員は唇を噛みしめた。

 権力にとって最も不都合な男、山本議員は次のように現状を見る ―

 「いま沖縄で起きていることは、これから(本土で)起きることの予行演習だ。この国は来る所まで来ている」。

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

沖縄