【ソウル発】「朴大統領は退陣せよ」100万人が叫んだ

宗教者は宗派の垣根を超えて立ち上がった。宗教者が政権べったりのどこかの国とは大違いだ。=12日、ソウル光化門前 撮影:筆者=

宗教者は宗派の垣根を超えて立ち上がった。宗教者が政権べったりのどこかの国とは大違いだ。=12日、ソウル光化門前 撮影:筆者=

 大統領府へと続く大通りは12日、「朴大統領の退陣」を求める人々で埋め尽くされた。先頭と最後尾が見えない。

 「香港の雨傘革命(2014年)」「エジプト・タハリール広場の市民革命(2011年)」「トルコの反政府暴動(2013年)」・・・田中はプロテストの現場を数々見てきたが、参加者の人数だけで見れば、ソウルは群を抜いている。

 大通りは少なく見積もっても2キロにわたって参加者で一杯になった。潰されそうになるほどだ。裏通りに回るとやっと息が吸えるようになった。主催者発表の「参加者100万人」は真実味を帯びていた。

 韓国全土から集めたのだろうか。警察は数えきれないほどのカマボコ(機動隊員輸送バス)で大統領府(青瓦台)に通じる道を塞いだ。警察車両だけでは足りなくなったのだろう。観光バスまでチャーターして「バスの垣根」を作った。

 大通りは身動きがとれないため、デモ隊は5梯団に分かれて裏通りづたいに大統領府を目指した。

 「パククネ、テジンハラ(朴クネは退陣しろ)」「セヌリダン、ヘチェハラ(与党セヌリ党は解党しろ)」・・・シュプレヒコールが夕空に響いた。

 5梯団のうちの一つは宗教者たちが先頭に立った。カトリック、プロテスタント、仏教など韓国の代表的な教団が参加した。

 梯団を率いていた人物は「憲法を破壊した朴クネは退陣せよ」と語った。80年代の民主化運動でも宗教者は大きな役割を果たしている。

青瓦台に繋がる道路を塞がれたデモ隊は座り込み、キャンドルの光を揺らした。=12日、ソウル市内 撮影:筆者=

青瓦台に繋がる道路を塞がれたデモ隊は座り込み、キャンドルの光を揺らした。=12日、ソウル市内 撮影:筆者=

 迂回して大統領府を目指したデモ隊は、手前800mほどの地点に差しかかった時、機動隊に阻まれた。

 デモ隊の先頭が規制線に到達したのが5時50分だった。警察が置いたバリケードは10分後に取り払われ、押し合いとなった。

 デモ隊はその場に座り込み、「朴クネは降伏しろ。お前たちは包囲された。国民が勝利する」と声を上げた。

 老いも若きも赤ん坊も、労働者も農民も中学・高校生も・・・ありとあらゆる層がデモの隊列に加わっていた。

 しゃがれた声が、そして少年少女の高い声が「パククネ、テジンハラ」を唱和した。

 夜10時を過ぎても大通りは参加者で一杯だ。キャンドルが揺れ、地鳴りのようなシュプレヒコールがソウルのビル街を揺らす。

朴クネ大統領は崔スンシルのあやつり人形。風刺がたっぷり効いた抗議は万国共通だ。=12日、ソウル・世宗文化会館前で 撮影:筆者=

朴クネ大統領は崔スンシルのあやつり人形。風刺がたっぷり効いた抗議は万国共通だ。=12日、ソウル・世宗文化会館前で 撮影:筆者=

  ~終わり~
 
 ◇
「既得権益者のための政治」「労働法制の緩和がもたらす貧困の拡大」・・・韓国と日本はあまりにも似ていますが、日本の民衆は立ち上がりません。取材には多大な交通費が掛かっています。ご支援何とぞ宜しくお願いします・・・http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

韓国