【パリ発】 デモ参加者50人に警察出頭命令 これぞアベ政権が学ぶ

「911テロを受けてブッシュ政権が制定した愛国者法のような法律をオランド政権は作ろうとしている」。市民運動家は危機感もあらわに訴えた。=26日午後7時頃(日本時間27日午前3時頃)、共和国広場 写真:筆者=

「911テロを受けてブッシュ政権が制定した愛国者法のような法律をオランド政権は作ろうとしている」。市民運動家は危機感もあらわに訴えた。=26日午後7時頃(日本時間27日午前3時頃)、共和国広場 写真:筆者=

 フランス国家警察は26日、パリ市内で行われたデモ集会(22日)の参加者のうち50人に、出頭命令を出した。

 国家非常事態宣言でデモ集会が禁止されているにも関わらず決行したからだ。出頭命令に従わなければ逮捕される。最長で6ヵ月間拘束される。

 この日のデモ集会はいわゆる左派系の市民が「難民・移民を制限するな」と訴えて行った。田中龍作ジャーナルでもリポートした。

 パリジャン、パリジェンヌはそれでも怯(ひる)まないようだ。

 「表現の自由を守れ・・・」。いわゆる左派系の市民が26日夕(日本時間27日未明)、共和国広場で集会を開いた。22日と同様約1千人が参加した。

機動隊はデモ参加者を片っ端から打ちすえた。=22日、パリ市内 写真:筆者=

機動隊はデモ参加者を片っ端から打ちすえた。=22日、パリ市内 写真:筆者=

 「討論、集会の権利は社会正義を実現するための手段であり、市民の表現である。それを奪うことは許されるものではない」 ― トラメガでこう訴えたのは、非暴力のラディカリストとして著名なジャン・バティスト氏だ。

 緑の党の国会議員、セルジオ・コロナド氏は「表現の自由はいかなる理由があろうとも抑圧してはならない」とオランド政権をけん制した。

 集会参加者に聞いた―

 「憲法で保証されている表現の自由を(政府も国民も)放棄しようとしている。それは人間でなくなる。表現の自由を守るために参加した」(50代女性)

 「政府は非常事態とか言ってデモ集会を禁止しようとしているけど、表現の自由は市民生活の一部。市場が開かれているのに、表現の自由が規制されているのはおかしい」。(20代女性)

逮捕も恐れずに約1千人の市民が集まった。=26日午後7時頃(日本時間27日午前3時頃)、共和国広場 写真:筆者=

逮捕も恐れずに約1千人の市民が集まった。=26日午後7時頃(日本時間27日午前3時頃)、共和国広場 写真:筆者=

 「エタ・リゴジャンス・エタ・ポリシエ(=国家非常事態は警察国家化だ)」

 「オン・トゥ・ドゥヌラパ・ラルベリテ・レクスプレッション(=警察国家には表現の自由を渡さないぞ)」

 参加者たちのシュプレヒコールには緊張がみなぎっていた。国民から「表現の自由」を奪ってしまえば、政府はやりたい放題となるからだ。

 フランス市民は逮捕も恐れずに「表現の自由」を守ろうとしている。オランド政権がこれをどう潰すか。

 アベ官邸にとって最大の関心事が今、パリで繰り広げられている。

  ~終わり~
 
 ◇
フランスでいま起きていることは、近く日本で起きることです。アベ首相がやたらと「テロ対策」を口走るのは、その伏線です。「日本を暗黒の独裁国家にしないためにも、フランスの現状を押さえておく必要がある」と強く思い、借金してパリまで来ました。何卒ご支援お願い申しあげます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

フランス