自衛隊に戦死者 葬儀は武道館、日程もチェック済み

ネイキッドロフトでのトークイベント。右端は伊勢崎氏、左隣が井筒氏。=14日、新宿区 写真:筆者=

ネイキッドロフトでのトークイベント。右端は伊勢崎氏、左隣が井筒氏。=14日、新宿区 写真:筆者=

 (自衛隊が派遣されたイラク戦争で)戦死者が出たら武道館で葬儀することになっていた。武道館のスケジュールをチェックしていた。

 (武道館で葬儀を執り行うのは)国威発揚のため。安倍首相は来るに決まっている。自衛隊の儀杖隊、中央音楽隊も来るだろう

 こう語るのは元自衛隊レンジャー隊員の井筒高雄氏だ。(太字が井筒氏の発言)

 安倍政権は「安全だ、安全だ」と言って自衛隊を海外の紛争地帯に送り出す。言葉とはウラハラに実際は、葬儀の段取りまで決めていたのである。   
 井筒氏は続ける―

 今年入隊した非正規の自衛官は2千400人増えている。正規は1千人減らしている。これからどんどん海外に行く。あえて言えば死んでもいい人たちが。交代要員だから。

 盾になる非正規隊員は1年目、2年目の隊員でいい。10代、20代の。家族(妻子)のいる人が少ないので補償金が少なくて済む。

 命がカネに置き換えられ、非正規隊員の命が軽んじられる。アベ竹中政権の性格を象徴するようなシステムだ。

ソ連、アメリカ、古くは大英帝国も勝てなかったムジャヒディーンたち。=2002年、カブール郊外 写真:筆者=

ソ連、アメリカ、古くは大英帝国も勝てなかったムジャヒディーンたち。=2002年、カブール郊外 写真:筆者=

 アフガニスタンで交戦各派の武装解除にあたった実績を持つ伊勢崎賢治氏も、安倍政権の欺瞞を指摘する。(太字が伊勢崎氏の発言)

 自衛隊の武器使用はPKO司令官の指揮下に入る。一体化するんです。一体化しないなんてのは大ウソ。

 「米軍の武力行使と一体化することはありません」。国会でアベ首相と中谷防衛相が繰り返し答弁していたが、あれは口から出まかせだったのである。

 伊勢崎氏は集団的自衛権行使の口実となった中国脅威論のマヤカシを明らかにした。

 核の抑止力で中国とアメリカが戦火を交えることがないことは20年前から分かっていた。テロとの戦いではアフガンのタリバンとの交渉のカギを握っているのは中国。

伊勢崎賢治氏は「(自衛隊が派遣される)南スーダンでは事件が起きる。(安倍政権は)それを待っているようでならない」と予言した。=14日、新宿区 写真:筆者=

伊勢崎賢治氏は「(自衛隊が派遣される)南スーダンでは事件が起きる。(安倍政権は)それを待っているようでならない」と予言した。=14日、新宿区 写真:筆者=

 ベトナム戦争に続いて「勝てない戦争」となったタリバンとの戦いで、アメリカは中国に仲介の労をとってもらっている、というのである。

 中国の脅威がないと困る人がいる。恐怖をコントロールする。煽って予算をつけたいからだ。

 空(自)と海(自)、全部アメリカに組み込まれている。来年、(自衛隊の)中央即応集団がアメリカ軍と一体化する。これから日本はアメリカが起こした戦争に自衛隊を送る。その大前提が今回の安保法制だ。

  為政者は恐怖を作り出す。伊勢崎氏は幾度も強調した。

 井筒氏と伊勢崎氏が語る戦争のリアルは、マスコミの記事とは違って具体性に富む。想像の及ばぬ厳しい現実を日本人が知る日も近そうだ。

(本稿は去る14日、都内で行われたイベントで交わされた両氏の発言をもとに構成しました。)

~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治