原発事故から2年・大集会 「無政府状態の日本に住まわされている」

呼びかけ人の大江健三郎さん、落合恵子さん、集会司会者の木内みどりさんらがデモの先頭に立った。=9日、神宮外苑 写真:諏訪撮影= 

呼びかけ人の大江健三郎さん、落合恵子さん、集会司会者の木内みどりさんらがデモの先頭に立った。=9日、神宮外苑 写真:諏訪撮影= 

 あの惨劇から明後日でちょうど2年が経つ。「原発事故を風化させてはならない」と福島の被災者や全国各地で原発反対運動に携わる人たちが今日、明治公園で集会を開き、渋谷までデモ行進した。(主催:「さようなら原発」一千万人署名 市民の会)

 会場には「反原発NGO」「平和団体」などのノボリが林立し、ブースが並んだ。「原発を問う民衆法廷」のブースにいた村田弘さん(写真)は、南相馬市からの避難者だ。広い農家に住んでいた村田さんだが、避難先の横浜で慣れないアパート暮らしが続く。

 「2年経って政府の対応は“ひどい”の一言に尽きる。自分がかつて住んでいた所は“避難区域”から“避難解除準備区域”に変更になった。放射能の状態は変わっていないのに政府は(区域の)指定だけ変えた…(中略)人間の最低の安全を守るのが国というものなら、日本は国じゃない」。
 
 憤りを抑えきれないようすで村田さんは話を続けた。「家は地震・津波の被害に遭っていない。意地でも戻りたいと思っている。帰って現状を伝えたい。証言者になりたい」。

 原発事故が起きたのは、桜の花びらが開く直前だった。「1回目の桜は錯乱状態、2回目は怒り、3回目の今年は淋しい」。村田さんは眼差しを遠くに置きながら話した。

「果樹園をやってたんだが、やれなくなったので腕が細くなったよ」。村田弘さんは筆者に筋肉がすっかり落ちた腕を見せながら話した。=明治公園 写真:諏訪撮影=

「果樹園をやってたんだが、やれなくなったので腕が細くなったよ」。村田弘さんは筆者に筋肉がすっかり落ちた腕を見せながら話した。=明治公園 写真:諏訪撮影=

 原発推進派が圧倒的多数を占める双葉町議会から不信任決議された井戸川克隆前町長も、原発事故の犠牲者だ。ステージに上り政治の貧困を訴えた―

「放射能のある環境で育つ子どもと、放射能のない環境で育つ子どもが平等でしょうか。憲法で保証された人権というものが確立されているとお思いでしょうか。とんでもない無政府状態の日本に住まわされている思いです」。

 井戸川前町長は住民の健康被害に焦点を絞ってスピーチを続けた。「チェルノブイリの状況を27年後の福島にもって来ようとしている勢力に対して、声を大にして“とんでもない、お前たちは職責から離れろ”と言いたい」。

 作家の大江健三郎さんも原発推進勢力への反発を隠さなかった。「フクシマをなかったことにしようとする“連中”とは戦う」「1台の原発も再稼働させない」。筆者は“連中”という言葉にドキッとした。

 原発事故からまだ2年しか経っていないにも拘らず首相は再稼働を口にし、環境大臣は審議会から脱原発派を除外する。チェルノブイリと並ぶ原子力史上最悪レベルの事故などまるでなかったかのようだ。

 ノーベル文学賞受賞者はあえて下卑た言葉を使い「歴史に学ぶことを忘れた」民族に警鐘を鳴らしたのではないだろうか。

 《文・田中龍作 / 諏訪都》

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , .