解散・総選挙 JA会長 「TPP反対の候補者を推薦する」

農業生産者が全国各地からTPP阻止のために駆けつけた。=15日午後、平河町。写真:田中撮影=

農業生産者が全国各地からTPP阻止のために駆けつけた。=15日午後、平河町。写真:田中撮影=

 野田佳彦首相が18日からカンボジアで開かれる東アジアサミットで、TPPへの交渉参加表明をするのではないかとの見方が強まっている。消費税増税と共に歴史に自分の名を刻みたいからだ。

 「いったん交渉に参加したら抜けられない」。危機感を強めるJAがきょう午後、都内で「TPP交渉参加、断固阻止緊急集会」を開いた。衆院選挙の投票を来月16日に控え、TPPに関する各党の見解を質す狙いもある。

 国会近くの砂防会館で開かれた緊急集会には、出席を辞退した「みんなの党」をのぞく12党が出席した。

 あいさつに立ったJA全中の萬歳章会長が「TPP交渉参加反対を明確にした候補者を推薦する」と宣言すると、党内にTPP推進勢力を抱える民主党と自民党は表情を固くした。

 民主党の一川保夫・元防衛相が登壇すると不穏な雰囲気が漂った。拍手もまばらだ。「私はJAの正規会員です。地元(石川県)に帰った時は必ず畑に入る・・・」。一川元防衛相は場の雰囲気をやわらげようとしたが、会場からは「民主党には(票を)入れない」「TPPを言っているのは民主党じゃないか」とヤジが飛んだ。

 一川氏はスピーチの後、萬歳会長に握手を求めたが、会長は固い表情で片手しか出さなかった。(他党とは両手で握手した)

 米国の言いなりになりTPPに突き進む民主党を見ていると、同じく米国の圧力で牛肉・オレンジの輸入自由化を飲んだ自民党を思い出す。最終合意した(1988年)直後の参院選で自民党は大惨敗を喫した。

 TPP、原発再稼働、消費税増税。野田政権は選挙で大敗することも視野に入れていると言われている。国民生活をガタガタにしてまで、米国に媚を売ってどうしようというのだろうか。

12党はTPPに関する所見の表明を求められた。党内に推進勢力を抱える民・自の表情は曇っていた。写真:田中撮影=

12党はTPPに関する所見の表明を求められた。党内に推進勢力を抱える民・自の表情は曇っていた。写真:田中撮影=

《文・田中龍作》

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .