【パリ発】軍も警戒の異常事態 高校バリケード封鎖、マクロンにNON

校門前にはゴミ収集箱が隙間なく並べられた。マクロン大統領の教育改革に反対する生徒たちで溢れる。=18日朝8時頃、パリ市内 撮影:田中龍作=

校門前にはゴミ収集箱が隙間なく並べられた。マクロン大統領の教育改革に反対する生徒たちで溢れる。=18日朝8時頃、パリ市内 撮影:田中龍作=

 下町で高校生たちが機動隊に追いかけられる光景を見たことがある。彼らの高校では1ヵ月前から週2~3回、生徒たちがバリケード封鎖をする。マクロン大統領の教育改革に反対してだ。

 きょう19日、彼らの高校を訪ねた。生徒たちは朝から校門前にゴミ収集箱を並べて、抗議の意志を表していた。

 封鎖といっても授業に出たい生徒は通す。リーダー格の男子生徒は「学びたい生徒の権利は奪わない。警察の介入を招かないためでもある」と説明してくれた。

 この高校は随分と大人しい方だ。それでも ぎょっ とする光景に出くわすことがある。

 1週間前だった。軍の対テロユニットが来ていたのである。鎮圧目的ではない。テロリストが混乱につけ込んだりしないかを警戒するためだ。

 軍の撮影は禁じられたので、証拠写真はないが、軍を見た生徒の証言はある。フェイクニュースではない。

 マクロン大統領の教育改革は他の諸改革(改悪)同様、社会を騒然とさせ不安に陥れる。

 6日、パリ郊外で改革に反対するデモに参加した高校生が、機動隊によって後ろ手にされ跪かされた“事件”は象徴的だった。

 話を冒頭の高校に戻そう。バリケードの前で男子生徒から聞かれた。「日本の高校生から見ると、この運動はどう映るか?」

 「・・・・・・」田中は返答のしようがなかった。

 AFPによるとフランス全土では100余りの高校で、マクロン大統領の教育改革に反対するデモが起きているという。

マクロン大統領の教育改革に「NON」のプラカードを持ち、バリケードの上に座り込む生徒。=18日朝8時頃、パリ市内 撮影:田中龍作=

マクロン大統領の教育改革に「NON」のプラカードを持ち、バリケードの上に座り込む生徒。=18日朝8時頃、パリ市内 撮影:田中龍作=

  ~終わり~

   ◇
生活に困窮する庶民から これでもか というほど搾り取り、富裕層は減税し優遇する。フランスで庶民が苦しむさまは日本と同じです。

しかし、マスコミはその視点からは伝えません。田中はクレジットカードをこすりまくってパリまで来ました。大借金です。ご支援何とぞ宜しくお願い致します… http://tanakaryusaku.jp/donation

   ◇
海外在住の皆様。郵便局まで行くのが難しい方々。『田中龍作ジャーナル』はクレジットカードによるご支援も可能です …https://note.mu/tanakaryusaku を御利用下さい。 
         ↓
タイトル【●●写真集】をクリック → 下にスクロール → [クリエーターをサポート]をクリック

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

フランス