【宮古島市議補選】新基地反対の母親が当選 「生命の水を守れ」

石嶺かおり氏。政治はズブの素人だが、戦争や環境汚染に対する危機感は、凡庸な政治家よりも強い。=20日、宮古島 撮影:筆者=

石嶺かおり氏。政治はズブの素人だが、戦争や環境汚染に対する危機感は、凡庸な政治家よりも強い。=20日、宮古島 撮影:筆者=

 市長選とダブルとなった宮古島市議会議員補欠選挙(※)。陸自ミサイル部隊の配備に伴う新基地建設への反対を掲げていた3児の母、石嶺かおり候補(36歳)が初当選した。(※欠員2議席に対して5人が立候補)

 石嶺氏が最も強く訴えていたのは「島の地下水源を守れ」。

 石嶺氏は「地下水保全条例」をタテに新基地容認派の下地敏彦市長と戦うことになる。新基地建設推進勢力にとっては厄介な新人議員が登場した。

 川のない宮古島は水道水源を地下水に頼る。基地は大量の洗浄水、機械油、弾薬などを扱う。汚染物質が漏れれば地下水源に混入するのは必至だ。

 新基地建設の予定地と見られている島中央部のゴルフ場は、地下水源まで約1㎞しか離れていない。

 「宮古は地下水の島です。水が汚れたら私たちはこの島に住むことができなくなります」…石嶺氏の訴えは、子どもの健康を気遣う母親たちの胸に響いた。

新基地建設予定地と見られるゴルフ場(写真左側・緑のネット)の近くには「地下水を守ろう」と訴える看板があった。=19日、宮古島 撮影:筆者=

新基地建設予定地と見られるゴルフ場(写真左側・緑のネット)の近くには「地下水を守ろう」と訴える看板があった。=19日、宮古島 撮影:筆者=

 376票差で現職に及ばなかった奥平一夫・市長候補は次のように敗戦の弁を述べた―

 「自衛隊配備の問題が宮古の社会を激変させるのは明白。観光産業に大きな影響がある。市長は当選したから自衛隊配備していくというのを止めて市民の声を聞いて欲しい」。

 組織に頼らず選挙を戦って当選した石嶺かおり氏は、市民の声の代弁者である。

  ~終わり~
   ◇
「島を戦場にしてはならない」「基地から地下水源を守れ」・・・オール沖縄の市長候補と3児の母の市議会議員候補が、安倍政権に抗って訴えていた宮古島の選挙。

マスコミが伝えない離島の現実を伝えるために遠征しました。多額の旅費がかかりました。ご支援何とぞ宜しくお願い致します…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙