戦争法制施行 国会前の怒気再び

「我が子を戦場に送りたくない一心で来た」。母親は必死の形相で戦争法制に反対する声をあげていた。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

「我が子を戦場に送りたくない一心で来た」。母親は必死の形相で戦争法制に反対する声をあげていた。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

 強行採決の夜と同じ怒気が戻ってきた。安保法制が施行されたきょう、国会前には平和を願う大勢の人々が続々と詰めかけた。

 歩道と車道の境には鉄柵が連なり、機動隊は鉄柵が参加者の圧力で決壊しないよう懸命に押さえた。昨夏の光景が緊張感とともに蘇った。

 「自衛隊を派兵するな」「戦争法の発動止めよう」・・・老いも若きも男も女も、夜のとばりに包まれた国権の最高機関に向かって声をそろえた。

 マイクを握ったSEALDsの本間信和さんが、戦場に駆り出される若者の怒りと不安を代弁した ―

 「僕と同い年くらいの自衛官が本当に戦場で命を落とすことになります。そんな事絶対に許すわけにはいかない。俺たちの税金はこの国の若者を戦地に送るためにあるんじゃない」。

公明党本部に安保法案に反対するよう求める署名を届けた「ひとりの学会員」さんの姿もあった。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

公明党本部に安保法案に反対するよう求める署名を届けた「ひとりの学会員」さんの姿もあった。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

 日本が攻撃を受けなくても同盟国が攻撃を受ければ「集団自衛」として戦争に参加する。「積極的平和主義」どころか「積極的戦争主義」である。

 「きょうは絶対来なきゃいけないと思い、会社が終わってすぐに駆け付けた」。こう語るのは、休日の街頭で「戦争法制廃止」の署名集めに汗を流す女性だ。

 「悔しい。怒りは収まるどころか、込み上げてくる」。彼女は胸中をストレートに明かした。

 筆者は「こんな恐ろしい法制、どうしたらいいと思いますか」と質問した。

 彼女は「これまで選挙運動をやったことないけど、選挙に向けて頑張ります」と引き締まった表情で語った。

 夏の参院選挙で野党が勝てば、安保(戦争)法制の具体的発動は阻止できる。

大量の警察官が出動して参加者が車道に はみ出す のを防いだ。力で押さえつける安倍政権の姿を象徴していた。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

大量の警察官が出動して参加者が車道に はみ出す のを防いだ。力で押さえつける安倍政権の姿を象徴していた。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

 ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

憲法