「秘密保護法、通さないで」 議員事務所にローラー作戦

ボランティアたちは、知る権利が奪われる危険性を切々と訴えた。後ろ姿は秘書。=8日、衆院会館・自民党議員事務所 写真:筆者=

ボランティアたちは、知る権利が奪われる危険性を切々と訴えた。後ろ姿は秘書。=8日、衆院会館・自民党議員事務所 写真:筆者=


 “こんな悪法を通してはいけない” 安倍内閣が今国会の重要法案と意気込む「特定秘密保護法案」に危機感を抱く人々が、国会議員の事務所をローラー作戦で回り「法案を可決させないように」と訴えた。

 ローラー作戦は5日からきょうまで4日間に渡って行われ、のべ200人のボランティアが、約300人の国会議員の事務所を訪ねた。ボランティアたちは5~6人で1チームを組み、自民、公明、民主などの議員事務所(衆参議員会館)を回った。

 自民党議員には「多くの国民が反対しています。声は日毎に大きくなっています」、公明党議員には「与党のブレーキ役として…」、民主党議員には「野党第一党として国民の期待に応えて…」と呼びかけた。

 カギは民主党だ。法案に反対、あるいは慎重な議員が多くいるからだ。ある民主党議員事務所は「法案の中身をつぶさに調べた」という。結果は欠陥だらけだった。

 事務所の政策秘書は官邸にいた頃の経験を持ち出し、次のように話した。「重要書類の肩には“情報を漏えいするとクビになります”と書かれていた。クビになってまで秘密を漏らす公務員がいますかね?」「国際基準からも外れている」……

 民主党は今国会に「改正情報公開法案」を提出しており、自民党とのバーターで「特定秘密保護法案」に賛成するのではないか、との見方がある。

 この点について前出の秘書氏に尋ねると「ウ~ン」と苦しそうな表情を浮かべた。

ある自民党議員の事務所を訪れると、折しもNHK正午のニュースが「秘密保護法案の実質審議入り」を伝えていた(右上の壁にテレビ)。=写真:筆者=

ある自民党議員の事務所を訪れると、折しもNHK正午のニュースが「秘密保護法案の実質審議入り」を伝えていた(右上の壁にテレビ)。=写真:筆者=

 きょうのローラー作戦には愛知県岡崎市から参加した女性がいた。彼女によれば「東京の議員会館より地元事務所の方がずっと親身だ」という。選挙がかかっているからだ。

 永田町は強行採決の噂さえ飛び交う。世論に訴え、国会議員の地元事務所にプレッシャーをかけ続け、簡単に採決させないことが肝要だ。

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .