野田首相・初街宣 民主党の「脱原発詐欺」に騙されるな

末松義規・立候補予定者は身振り手振りをまじえて「脱原発」を強調した。滑稽なほどわざとらしかった。右隣は野田首相。=24日午後、国立駅頭。写真:田中撮影=

末松義規・立候補予定者は身振り手振りをまじえて「脱原発」を強調した。滑稽なほどわざとらしかった。右隣は野田首相。=24日午後、国立駅頭。写真:田中撮影=

 

 民主党という政党は選挙の度に実態とは真逆のウソをつく。前回(09年)の「マニフェスト詐欺」の次は「脱原発詐欺」だ。原発が消費税と並ぶ選挙の大きな争点となると見るや、「原発要らない」に転じた。

 きょう午後、国立市(東京19区)での街頭演説に野田首相が来るのというので覗きに行った。民主党の末松義規・立候補予定者の地元だ。

 衆院解散後、初めてとなる首相の街頭演説だが、会場の国立駅前ロータリーには聴衆が500人ほどしかいなかった。党首のお越しとあらば、党は組織を通じて動員をかける。にもかかわらず500人足らずというのはあまりに淋しい数字だ。

 末松氏の演説には開いた口が塞がらなかった(「 」内が同氏の発言)―

・「民主党は2030年代までに原発をゼロにしていくことを野田内閣で決定しました」。ただの“決定”なのだ。“閣議決定”とは言わない所がミソである。霞が関も含めた政府全体で合意した最高決定ではないのだ。追及されても逃げ道を用意しておく、民主党らしい小ずるい言い方である。

・「日本という地震大国に原発が要るのか」。大間原発、島根原発、東通原発の建設再開を認めたのは、どこの党だろうか。これらが寿命期間の40年間稼働すれば2050年まで原発は動き続ける。高校生にでも分かるウソをつくのが民主党だ。

・「大きな天災の前には人工の原発は壊れてしまう」。であるなら、なぜ大飯原発を再稼働したのか?

 さらに末松氏は「今が決断のし時なんです」とまで言い放った。民主党が切羽詰まった状態で脱原発に取り組んでいるように聞こえる。明らかな「騙し」である。末松氏は選挙区で配ったチラシで「今、原発を停めたら大混乱になる」と書いているのだ。

 演説に耳を傾けていた主婦は「(民主党の脱原発を)信じていない。やってることと矛盾している。2030年代までにゼロにできる根拠を示してほしい」と吐き捨てるように話した。「民主党には入れない」と最後に付け加えることも忘れなかった。

野田首相は聴衆のなかに入ったが、人気は今ひとつだった。=写真:田中撮影=

野田首相は聴衆のなかに入ったが、人気は今ひとつだった。=写真:田中撮影=

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , .