投票率が決める 公共事業か、「困っているを見捨てない」か 

「八王子市議会は安保法制促進の決議をした。自分が当選すれば、八王子市民は安保法制を支持していないことを示せる」。五十嵐候補は力を込めて言った。=23日、JR八王子駅北口 撮影:筆者=

「八王子市議会は安保法制促進の決議をした。自分が当選すれば、八王子市民は安保法制を支持していないことを示せる」。五十嵐候補は力を込めて言った。=23日、JR八王子駅北口 撮影:筆者=

 「現職が勝ったら地方版にしか載らないが、この五十嵐仁が当選したら全国版に載ります。NYタイムズには載らないかもしれないが・・・」

 街宣車からギャグを飛ばしているのは、24日投開票の八王子市長選挙に立候補している、五十嵐仁氏(元大学教授・政治学)だ。

 安倍首相の最側近である萩生田光一官房副長官のお膝元、八王子市。

 自民、公明、民主、連合による大政翼賛選挙で2期目を目指す現職に、五十嵐候補は超党派で挑んだ。

 安保法制に反対する国会前行動でおなじみの 菱山南帆子さんによれば、「維新の党と共産党の議員が選挙カーの中で一緒に肉まんを食べる」ほどの超党派だそうだ。(菱山さんは選挙期間中、五十嵐候補に伴走した。)

萩生田官房副長官は、東京オリンピックの自転車競技を八王子に誘致できなかったことを悔しがった。=23日、JR八王子駅北口 撮影:筆者=

萩生田官房副長官は、東京オリンピックの自転車競技を八王子に誘致できなかったことを悔しがった。=23日、JR八王子駅北口 撮影:筆者=

 五十嵐陣営のある運動員は「日に日に知名度が上がって来た。八王子市は積極的に『選挙に行きましょう』と広報していない」と話す。

 「選挙に行くように」広報しないのは、投票率が上がると現職に不利だからだ。自公と連合の組織票で勝負する石森陣営は、投票率が低いほど有利なのである。

 石森陣営が自、公、民、連合で余裕の選挙戦を展開しているのかと思っていたら、そうではなかった。

 田中は街頭演説の会場にいただけで、運動員にマークされ身分を明かすよう詰め寄られた。運動員は「皆ピリピリしてるからね」と明かした。

 自民党と自民党が激突する田舎の首長選挙とよく似ている。陣営は街宣会場に身内以外の顔を見つけると目を吊り上げ、肩をいからせて詰問する。「おうオッサン、どこのモンや?」・・・

 ピリピリしているのは接戦の証でもある。

限られた財源を公共工事よりも介護、子育て、給付型奨学金などに回すのが、「五十嵐政策」の真骨頂だ。=23日、JR八王子駅北口 撮影:筆者=

限られた財源を公共工事よりも介護、子育て、給付型奨学金などに回すのが、「五十嵐政策」の真骨頂だ。=23日、JR八王子駅北口 撮影:筆者=

 萩生田官房副長官は「来年、市政100周年を迎えるが共産党の市長ではお祝いにならない」とディスった。

 五十嵐候補は共産党員ではない。焦っている陣営は必ずと言ってよいほどデマを飛ばす。

 大政翼賛選挙に嫌気がさし五十嵐候補の選挙運動を手伝うようになった男性(自営業・40代)がいる。

 男性は17日の出陣式で民主党の市議会議員が石森候補の街宣車に乗っていたことを『田中龍作ジャーナル』で知り、翌日から五十嵐陣営の運動員になったという。

 「選挙では ずーっと 民主党に投票してきたのに裏切られた思いだった」。男性は悔しそうな顔で語った。

 物流センターや駅前デッキの建設など公共事業中心の従来型政治か、「困っている(人)を見捨てない」政治か。投票率が上がれば八王子にヒトの温もりが戻って来る。

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙