危機感なき市民が改憲勢力を勝たせる

講師役の古賀茂明氏。「安倍さんはヨコの対立(改革と守旧)をなくしてタテの対立(戦争と非戦)を強めた」。=10日、文京区 撮影:筆者=

講師役の古賀茂明氏。「安倍さんはヨコの対立(改革と守旧)をなくしてタテの対立(戦争と非戦)を強めた」。=10日、文京区 撮影:筆者=

 「この間、何をしてきたんですか? 政権批判だけで票を増やすことをしてこなかった人は意味がない」―

 講師役の座間宮ガレイ氏が一喝した。10日、都内で開かれた選挙の勉強会の冒頭だ。

 インターネット番組「選挙ジョッキー」のパーソナリティーを務める座間宮氏は、日本各地を回り選挙情勢を分析している。氏の一喝は説得力があった。  

 安倍政権が安保法制を強行採決して早や4ヶ月。改憲が焦点になる参院選挙まで6ヶ月を切った(公示を7月第1週とした場合)。

 野党共闘は遅々として進まない。野党共闘しても自公にダブルスコアで負けている選挙区もある。

 自公の圧勝は小選挙区制度によるものとされがちだ。だが座間宮氏は「沖縄(衆院)は野党が全部勝っているではないか。選挙制度のせいじゃない」と否定する。

 田中はよく沖縄取材に出かけるが、沖縄県民の政治意識は強烈だ。

前回の都知事選挙は脱原発陣営が分裂したため、自公を勝たせた。今回も護憲陣営が分裂すれば同じ結果となる。=2014年2月、銀座 撮影:取材班=

前回の都知事選挙は脱原発陣営が分裂したため、自公を勝たせた。今回も護憲陣営が分裂すれば同じ結果となる。=2014年2月、銀座 撮影:取材班=

 座間宮氏は「(巨大)与党を作りあげたのは国民です」と強調した。

 もう一人の講師役、古賀茂明氏(元経産官僚)は、おおさか維新が圧勝したダブル選挙を例に同様の指摘をした―

 「本当に負けたのは市民。『ハシモト嫌いだ』と言ってただけで、市民(側)が候補を立てなかったから」。

 共産党と創価学会(公明党)は、戦前戦中の弾圧を経験した。両党は暗黒の時代に戻りたくない、という危機感が強い。

 公明党(創価学会)は権力(自民党)にぴったりと寄り添い、今度こそは弾圧されまいとしている。

 共産党は安倍政権が安保法制を強行採決したその日(昨年9月19日)から動き始めた。「国民連合政府構想」を打ち出し、野党共闘を呼び掛かけたのである。

 戦前戦中を知らない世代が圧倒的多数になった今、最も危機感がないのは市民ではないだろうか。「民主が15議席削られたら(負けたら)改憲されるんですよ」。座間宮氏の指摘が現実味を帯びる。

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙