「アベさん、国会を開いて」母親たちが署名提出

自民党本部ビルの管理者に署名を渡し「国会を開くよう」求める鷹巣さん(右)と川合弁護士。=23日、自民党本部前 写真:筆者=

自民党本部ビルの管理者に署名を渡し「国会を開くよう」求める鷹巣さん(右)と川合弁護士。=23日、自民党本部前 写真:筆者=

 「安倍総理、臨時国会を召集して下さい」。母親たちが、きょう、自民党本部を訪れ「臨時国会を開くよう求める」署名を提出した。

 署名の宛先は安倍晋三・内閣総理大臣。署名はわずか1日で2,332筆集まった。

 憲法53条は「衆参いずれかの議員総数のうち4分の1以上の要求があれば、内閣は(国会の)召集を決定しなければならない」と定めている。

 憲法にのっとり野党5党は与党に対して「臨時国会の開会」を要求した。

 だが憲法53条には「いつまでに」という期限は定められていない。安倍内閣はここを悪用して国会を開かない構えだ。

 逃げ得は許さない。安保法制に反対する声をあげ続けてきた鷹巣直美さん(『憲法9条にノーベル平和賞を』実行委員会・共同代表)ら母親たちが立ち上がり、ネットで「国会を開くよう求める」署名を集めた。

 きのうから署名を集め始めて、きょう提出。「遅くなると(国会が)開かれない可能性もあるから」。鷹巣さんは提出を急いだ理由を説明する。

母親たちは、ものものしい警備の自民党本部を訪れた。=23日、永田町 写真:筆者=

母親たちは、ものものしい警備の自民党本部を訪れた。=23日、永田町 写真:筆者=

 自民党は党本部ビルの管理者に対応させた。党職員ではないのだ。

 母親たちは党本部正門前で2,332筆の署名を手渡した。

 管理者は受け取ったものの「政府の方で動きますから。政府と自民党は一体ではないですし」と斜に構えた。

 署名提出には川合きり恵弁護士が付き添った。

 川合弁護士は「政府の手によって少数派の権利をはく奪することはしないで頂きたい。過去に開かれない例があったとしても、今回はくれぐれも憲法にのっとって開いて頂きたい」と釘をさした。

 鷹巣さんは「逃げきられないように私たちが勝負をかけていきたい」と話す。母親たちは懸命だ。この国の行く末に子供の将来がかかっているからだ。

    ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治