【ガザ発】 難民キャンプの子供ら殺害、病院も攻撃

変わり果てた妹(12歳)に最後の別れを告げる兄。=28日夕(日本時間:29日未明)、ガザ市内のモスク 写真:筆者=

変わり果てた妹(12歳)に最後の別れを告げる兄。=28日夕(日本時間:29日未明)、ガザ市内のモスク 写真:筆者=

 イスラエルという国家による同時無差別テロが起きた。

 28日午後5時(日本時間午後11時)頃、ガザ市内の 通り にイスラエルの無人攻撃機から対人ミサイルが発射された。ミサイルは 通り で遊んでいた子供たちを直撃、10人が死亡した。

 現場は「シャーティ難民キャンプ」の前。血まみれの肉片とサンダルが散乱していた。

 殺されたのは同難民キャンプの子供たちだった。祖先は1948年のイスラエル建国で故郷を追われた。祖先が難民として流れ着いた地で、子孫はイスラエルに殺されたのである。

 病院の医師が爆撃に遭った子供たちの死亡を確認すると、ファミリーや近隣の青年たちが遺体をモスクまで運んだ。

 「エルサレム(イスラエル)は数100万のパレスチナ人を殺すつもりだ」「アラー・アクバル」…怒りの合唱がガザの街に響いた。

 モスクで短い祈りを済ませるとすぐに埋葬した。墓地の上空を無人攻撃機が不気味な飛行音をあげながら旋回する。つい1~2時間前、子供たちに対人ミサイルを撃ち込んだ機体だろう。

 子供たちはラマダン明けで真新しい衣装に身を包み、親に買ってもらったオモチャで遊んでいた最中だった。

子供たちは何が起きたのか分からないままに死んでいったのだろう。=28日夕(日本時間:29日未明)、ガザ市内のモスク 写真:筆者=

子供たちは何が起きたのか分からないままに死んでいったのだろう。=28日夕(日本時間:29日未明)、ガザ市内のモスク 写真:筆者=

 ほぼ同時刻に、ガザ市のアル・シファ病院がイスラエル軍に爆撃された。壁が破壊されるなどしたが、奇跡的に死傷者は出なかった。(第一報は死者2人、傷者10人だった)

 アル・シファ病院は世界各国から緊急医療支援の医師らが訪れ負傷者の治療にあたっている。

 ガザでは最も安全な場所であると思われているため、病院の庭や軒先は避難者で一杯だ。あわや大惨事になるところだった。

 ◇

読者の皆様。田中はカードをこすりまくってガザに来ております。借金です。ご支援よろしくお願い致します。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

パレスチナ(ガザ・西岸)