【サルデーニャ発】 ベルルスコーニ首相が目論んだ「核の島」~劣化ウラン弾でガンと畸形~

放射性物質は鉄条網を越えて村に降ってくる。(16日、クイッラ村。写真:筆者撮影)

放射性物質は鉄条網を越えて村に降ってくる。(16日、クイッラ村。写真:筆者撮影)

 サルデーニャ島南西部に位置するクイッラ村は、ブドウ畑とオリーブ畑が広がる山あいの田園地帯だ。野鳥のさえずりが長閑に響くが、すぐに普通の田園地帯ではないことに気づく。

 「ドーン、ドーン」、断続的に響く破裂音が静けさを引き裂いて恐怖心さえ抱かせる。村には軍事演習場があるのだ。1万2,000㌶の広大な演習場はイタリア軍の所有だが、“入場料”を取って他国の軍や兵器メーカーに使わせている。

 地元紙『LA ・NUOVA・ SARDEGNA』のジュゼッペ・チェントレ記者によれば、演習場を使っているのはロシア、イラン、米軍、仏、独、アラブ諸国の軍隊と各国の兵器メーカーだ。同盟国も敵国もあったものではない。

 頻繁に行われるのは対戦車ミサイルや地対艦ミサイルの試射だ。繁忙期には対艦ミサイル試射のため島付近の海域と空域はひと月に20日間も立ち入り禁止となる。

 同紙の編集部で読者から送られてきた動画を見た―ドイツ製の地対艦ミサイルが海面スレスレに飛び仮想敵艦(廃船利用)に見事命中、敵艦は大破する。

 演習場の使用料は1日につき120万ユーロ(1日=約1億2千万円)。イタリア軍は多額の収入を得て恵比須顔なのだが、周辺住民は恐怖におののいている。

 白血病や癌を発症する住民や軍関係者が増え、奇形の子供や家畜が生まれている、というのである。双頭の羊、目が後ろについた子牛が事態の深刻さを証明している。

 原因はミサイルの弾頭に劣化ウランを使用しているためと見られている。政府は「劣化ウラン弾は使っていない」と主張しているが、信ぴょう性は低い。他国軍の弾頭の成分まで関与できないからだ。

クイッラ村で生まれた双頭の羊。劣化ウランの影響と見られている。 (地元紙『LA・NUOVA・SARDEGNA』提供)

クイッラ村で生まれた双頭の羊。劣化ウランの影響と見られている。 (地元紙『LA・NUOVA・SARDEGNA』提供)

 村の幹線道路沿いにカフェがあった。村人に話を聞こうとしたがキッパリと断られた。取りつく島もないとはこのことだ。

 村人に限らずサルデーニャの島民にとって「クイッラ演習場」について話すのはタブーであるようだ。地元環境団体のメンバーに案内を頼んだが断られた。「代わりの人も紹介できない」とまで言われた。

 チャーターした車で演習場に近づいた。「ミリタリーゾーン」の看板が居丈高に立ち、鉄条網が農地を分断する。一番奥まった場所にあるミサイル試射場には農道を伝って行ける。取材車を進めた。

 だが筆者と取材車の動きは山の頂上にある監視台から追われていた。すぐに軍のジープが立ちはだかった。兵士がもの静かだが厳然とした口調で言った。「帰れ、必ず帰れ。もし撮影したらカメラを没収するぞ」。ジープは我々がミリタリーゾーンを出るまで追跡してきた。

 各国が入り乱れて夥しい数の劣化ウラン弾を試射する演習場。周辺住民の健康と家畜に被害が出ていても、村の外に大きく伝えるのは至難の業なようだ。

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , , .