【フィレンツェ発】「原発国民投票」 出足は順調

「原発再開を認めず」に投票するアールーノ・ペックさん。(12日、フィレンツェ市内投票所。写真:筆者撮影)

「原発再開を認めず」に投票するアールーノ・ペックさん。(12日、フィレンツェ市内投票所。写真:筆者撮影)

 原発再開の是非を問う国民投票が12日朝(日本時間夕方)から、2日間の日程で始まった。「イタリアに原発は要らない」と訴えて国中を行脚した博士が会ってくれるというのでフィレンツェを訪れた筆者は、市内の投票所を覗いた。

 投票所のひとつトリジャーニ幼稚園には、老若男女を問わず有権者が次々と訪れた。投票率が50%に達しなければ、国民投票そのものが無効になるため、投票所に足を運ぶ人のほとんどは「原発反対」だ。

 アールーノ・ペックさん(写真:38歳・男性=ウェブ・マスター)は苦々しい表情で次のように語った―

 「福島の事故には言葉を失った。人間が原発をコントロールできないということが実証された。イタリアの技術力を考えたら原発は無理。普通のゴミさえ管理できないのに核のゴミなんてとんでもない。福島の事故→ドイツの原発廃止→イタリア国民投票という大きな流れの中でとらえて行きたい。世界中に原子力エネルギーは要らない」。

 デルフィーナ・ファブリーニさん(女性・30代)も「原発再開を認めない」に投じた一人だ。日本と同様、原発に対して女性は厳しい意見を持っていた―

 「イタリアのような地震国で原発は危険このうえない。福島の事故には呆然とした。イタリアに届いてくる情報は矛盾していて本当は何が起きているのか分からなかった。事故後、ベルルスコーニ首相は『福島原発はちゃんとコントロールされている。だからイタリアも原発政策を推進できる』と吹聴していたほどだ」。

 原発事故をめぐって「心配ない、安全だ」と政治権力者がうそぶくのは日本もイタリアも同じようだ。

 「原発国民投票」は、投票率が今晩中に40%を超えれば明日午後の締め切りまでに50%を超えるものと見られている。前出のペックさんは投票を済ませた人のリストを見たという。「その数から察するに50%を超えるのではないか」と自信をのぞかせた。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , .