【札幌発】「北海道民進党」は希望の党に行かず 選対会議で方針固める

民進党の池田まき候補予定者は野党共闘のシンボルだ。昨年4月にあった衆院補選・北海道5区で「いけまきブーム」を起こした。=1日、恵庭市 撮影:筆者=

民進党の池田まき候補予定者は野党共闘のシンボルだ。昨年4月にあった衆院補選・北海道5区で「いけまきブーム」を起こした。=1日、恵庭市 撮影:筆者=

 小池独裁への反旗は北の大地からあがった ―

 民進党北海道連はきょう選対会議を開き、10日公示の総選挙に希望の党からは立たず、立候補予定者全員が「民進党」として戦う方針を固めた。

 民進党は北海道12選挙区のうち11選挙区で候補者を立てている。

 どうしても希望の党から出馬したいという候補予定者には、同党から立候補しないよう説得するという。原則的には「オール北海道」として11人全員が「民進党」として立候補することを目指す。

 北海道では、民進党の立候補予定者のうち逢坂誠二(8区)、道下大樹(1区)ら4氏が、希望の党から立たないことを表明していた。

 選対幹部によると、北海道連は民進党本部に両院議員総会を開くよう求めるが、民進党の名前で選挙を戦うことが不可能になれば、新党を視野に動く。

 共産党北海道委員会は「護憲」「安保法制反対」で政策が一致できれば、選挙共闘するとしており、一時は危ぶまれた野党共闘が復活することになる。過去のデータなどに基づけば、野党統一候補が9選挙区で勝つものと見られている。

 北海道の動きが他の地域に広がれば「自公対小池新党」の構図は変わってくる。

 農業と炭鉱の地、北海道は伝統的に社会党(現・社民党)が強かった。開拓の精神が今なお息づいており、政党人も有権者もリベラルの気風に富む。

 「極右独裁政党の踏み絵を踏むつもりは さらさら ない」ということである。

一時は崩壊の危機に瀕していた野党協力だが、民進党北海道連の決断により蘇った。=1日、石狩市 撮影:筆者=

一時は崩壊の危機に瀕していた野党協力だが、民進党北海道連の決断により蘇った。=1日、石狩市 撮影:筆者=

     ~終わり~

選挙取材で北海道まで足を伸ばしました。多大な交通費がかかりました。ご支援宜しくお願い致します。
http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙