【口利き疑惑】今度は遠藤五輪相、『安倍内閣追及』を写さないTV

テレビカメラ(写真右端)は議員だけを写し、横断幕がフレームに入らないよう下を向いたままだった。=5日、衆院第4控室 撮影:筆者=

テレビカメラ(写真右端)は議員だけを写し、横断幕がフレームに入らないよう下を向いたままだった。=5日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 安倍晋三首相の最側近に続いて、森喜朗元首相の腹心に「口利き疑惑」が浮上している。

 遠藤利明・五輪担当相が外国語指導助手(ALT)派遣会社の創業者から多額の個人献金を受けていたとされる疑惑だ。毎日新聞(4日付朝刊)がスクープとして報じた。

 それによると文科省が外国語指導助手に関する通知を出す直前、遠藤事務所の仲介で派遣会社の社員が厚労省の担当者と面会していた。通知は派遣会社に有利な内容で、遠藤氏も通知の必要性を訴えていた―(毎日新聞報道はここまで)

 要するに派遣会社が事業を拡大できるよう遠藤氏が文科省と厚労省に口利きをしたというものだ。

 4日の衆院予算委員会で遠藤大臣は、山尾しおり議員(民主)の質問に対して創業者からの現金授受や派遣会社からパーティー券を購入してもらった事実を認めた。

 外国語指導助手を増やすよう文科省・教育再生委員会の内外で発言したことも認めた。

 口利きは否定したが、限りなく黒に近いグレーだ。

 民主・維新両党は厚労省と文科省の担当部署から官僚を呼び聴取(ヒアリング)を続けている。

 検事出身の山尾しおり、厚労省に詳しい山井和則、元財務官僚の大串博志、玉木雄一郎らの議員が追及チームのメンバーだ。

「記録にない」。厚労省の松本課長はしきりに顔をしかめながら 知らぬ存ぜぬ を決め込んだ。=5日、衆院第4控室 撮影:筆者=

「記録にない」。厚労省の松本課長はしきりに顔をしかめながら 知らぬ存ぜぬ を決め込んだ。=5日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 議員たちから厳しく迫られても官僚たちはノラリクラリとかわす―

 厚労省の需給調整事業課長が「問い合わせの件数が多いので把握していない」と答えれば、文科省の初等中等教育局国際教育課長も「承知はしていないが、問い合わせが多くて確認したいと思っているのは事実」と答える。

 「甘利疑惑」のヒアリングと登場人物が違うだけ。壊れたテープレコーダーのように「記録がない」を繰り返す官僚答弁はまったく同じだ。

 元財務官僚の玉木雄一郎議員は「国会議員の秘書が同席していて『記録がない』はないでしょ」と迫った。

 厚労官僚は苦し紛れに答えるが、答えになっていない。(拙稿上に書いても何のことだか分からないので、あえて書かない)

 総裁派閥の名誉会長から にらまれて は出世に響く。保身に走る官僚たちの姿があった。
 
 官僚同様に滑稽なのがマスコミだ。民主党の議員団の名称が『安倍内閣口利き疑惑追及チーム』となっているため、腫れものに触るようになっている。

 テレビカメラが入っていたが、カメラマンは『安倍内閣・・・』の横断幕が間違ってもフレームに入らないよう、細心の注意を払っていた。

 疑惑の真相を知りたければ「国会インターネットテレビ」を視聴するのがいい。マスコミをアテにしていたら、事実を知ることさえできなくなる。

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治