甘利疑惑 「口利き」という打ち出の小づち、財源は血税

疑惑がらみの道路。隣接地に産廃が埋まっているとされる部分の建設は止まったままだ。=1日、千葉県白井市 撮影:筆者=

疑惑がらみの道路。隣接地に産廃が埋まっているとされる部分の建設は止まったままだ。=1日、千葉県白井市 撮影:筆者=

 借地にプレハブを建てていただけなのに、移転費用として1,500万円、損傷修復費として2億2千万円を頂戴する・・・子供が満足に食事を摂れなくなっている国で、現実に起きている補償話だ。

 計2億3,500万円はUR(都市再生機構)発注の道路工事建設をめぐるトラブルで、URがS社に対して支払ったとされる金額である(1日正午現在でURが民主、維新両党の聴取に対して認めた数字だ)。

 URは国が100%出資する独立行政法人だ。1日、両党が行った国交省とURへの聴取で弁護士出身の階猛議員は2億2千万円という補償金額に触れ次のように追及した。

 「不法占拠の建物が対象、正当な使用権限がないところに(金額が)多過ぎはしないか…(中略)やり得、ゴネ得ではないか、公金をそんな使い方していいのか?」

初鹿明博議員(維新)の質問に他人事のように答えるURの間下滋審議役(左手前)。=1日、衆院第4控室 撮影:筆者=

初鹿明博議員(維新)の質問に他人事のように答えるURの間下滋審議役(左手前)。=1日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 URの間下滋審議役は「私どもの算定基準に基づいた」としたうえで「心情的には理解できるが区分けはされていない」と涼しい顔で答えた。

 借地に建ったプレハブの損傷修復費として2億2千万円も払うのは、正気の沙汰ではない。

 口利きという「打ち出の小づち」あればこそ、小判がザクザクと出てきたのだった。S社にとって甘利大臣は打ち出の小づちだった。

 打ち出の小づちの財源は国庫。血税である。

 URは自らが明らかにしているだけでも、これまでに甘利前大臣側と12回も面談している。

 内訳は甘利氏の地元事務所で6回、議員会館で4回、UR本社で1回だ。横浜市内の居酒屋も1回ある。

 飲み食いしたのは甘利事務所の秘書2人とURの総務部長、国会連絡班の職員ら3人、計5人だ。

 2万6,592円の領収書は、宛先がURとなっている。なぜURは我々の血税で甘利事務所の秘書さんたちを もてなした のだろうか?

甘利前TPP担当大臣の地元事務所。東京からはアゴが出るほど遠い。URの総務部長らがここに6回も足を運んだ。=1月31日、神奈川県大和市 撮影:筆者=

甘利前TPP担当大臣の地元事務所。東京からはアゴが出るほど遠い。URの総務部長らがここに6回も足を運んだ。=1月31日、神奈川県大和市 撮影:筆者=

 法外な補償金に加えて、居酒屋の代金まで出費させられる納税者はたまったものではない。

 「S社は甘利大臣側にワイロを贈る」→「甘利大臣側はURを動かす」→「URはS社に法外で巨額な補償金を払う」→「補償金の一部は甘利大臣側のワイロとなる」・・・

 悪人と悪代官と小役人の間でカネが回るシステムだ。繰り返し言うが財源は血税である。

 国民の老後を株につぎ込むGPIF(年金積立金管理運用・独立行政法人)とて同じシステムだ。

 URによれば、S社はさらなる補償を要求しているという。建設現場に埋まっている産業廃棄物の処理ではないかと見られている。補償金額は途方もなく膨らむこともありうる。

 この日の聴取でURは東京地検が「職員から事情を聞きたい」と要請してきたことを認めた。

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治