「政権交代党」で再び山を動かせ

「野党共闘」の呼びかけは悲鳴に近いものがある。=5日、新宿 撮影:筆者=

「野党共闘」の呼びかけは悲鳴に近いものがある。=5日、新宿 撮影:筆者=

 野党共闘が進まない理由のひとつに、候補者が当選した後、どの政党に所属するかでモメていることがある。

 当選する確率の高い候補ほどモメ具合も大きくなる。野党共闘がうまく行かねば有力な候補を みすみす 落選させることになる。自公にとってこれほど喜ばしいことはない。

 この愚を避けるために水面下で工作されているのが、「確認団体方式」だ。永田町きっての選挙通が明かした。

 確認団体の名前をかりに「政権交代党」としよう。候補者は「政権交代党」から立候補し、当選後も「政権交代党」の所属議員となるのだ。

 この方式であれば「あの党に持って行かれるのが嫌だからウチは協力しない」はなくなる。

 既存の野党各党にとっては うま味 がなくなるが、野党全体で一議席でも多く取るには有効な方式だ。

「個別の選挙区一つひとつで『ここは俺の所』なんて言ってたら野党共闘はできない」。政権交代を成し遂げた小沢一郎代表は苦言を呈する。=12日、参院会館 撮影:筆者=

「個別の選挙区一つひとつで『ここは俺の所』なんて言ってたら野党共闘はできない」。政権交代を成し遂げた小沢一郎代表は苦言を呈する。=12日、参院会館 撮影:筆者=

 1989年に行われた参議院選挙の「連合参議院」がこの方式だった。社会党、民社党、公明党(当時は野党だった)、社民連が推薦し当選した議員11名が「連合参議院」に所属することになり、与野党逆転の一大原動力となった。

 土井たか子社会党委員長の名文句「山が動いた」を生んだ選挙だった。

 「政権交代党」方式を衆院選に向けて用意できれば、安倍首相への大きなプレッシャーとなり、簡単に解散できなくなる。

 野党陣営は参院選挙に集中し、次は衆院選に向けた「政権交代党」を動かせばよいのだ。衆院は1人区が295ある。野党共闘の効果は小さくない。

 「政権交代党」に野党各党を引っ張って来る策士あるいは触媒の出現が待たれる。

 ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙