【ガザ発】 ~下~ ハマス政治部門・高官インタビュー

ハマス政治部門・高官 ムスタファ・サワーフ氏(59歳)。=ガザ市内 写真:筆者=

ハマス政治部門・高官 ムスタファ・サワーフ氏(59歳)。=ガザ市内 写真:筆者=

 「5日間の停戦」はきょう(現地時間18日24時)で幕切れとなる。カイロでの交渉は膠着したままの状態が続く。ハマスが容易に譲歩できない理由を政治部門高官が語った―

記者:戦前ハマスの人気は落ちていたが、戦争が始まると人々はハマスを支持するようになった。もしカイロ交渉で何も獲得できなかったら、ハマスの人気はまた落ちるのではないか? 7年間の封鎖で人々は疲れているから。

高官: そのような支持率調査は誰が言っているのか? 証拠がない。 もしカイロ交渉でハマスが何も獲得することができなかったら、(武装)抵抗を続ける。今回のイスラエル軍侵攻でパレスチナ人は多大な犠牲を払っているからだ。

前に進むしかない。戦い続ける。家を破壊され、家族を失った。我々は抵抗を続けるしかない。

記者:もしハマスがロケット弾発射を止めれば、イスラエルは軍事侵攻を止めるのではないか? さもなければ国際社会がイスラエルを批判するだろう。

高官:それは間違ったイメージだ。かりにハマスがロケット攻撃を止めたとしても、イスラエルは軍事侵攻をしてくる。2012年の侵攻がそうだった(※)。

西岸の人々はロケット弾を撃ったりしてはいない。それでも土地を奪われ、入植地がどんどんできてゆく。

西岸のパレスチナ人は入植者や軍に攻撃されている。

もしハマスが抵抗を止めれば、イスラエルはすべてのパレスチナ人を殺すだろう。

ネタニヤフ(イスラエル首相)は、第2次世界大戦でユダヤ人をゲットーに押し込んだヒトラーと同じことをしている。

国会議員も虐殺に手を貸している。イスラエル国民の87%が軍事侵攻を支持していることも問題だ。

パレスチナ人とユダヤ人は(イスラエル建国の)1948年まで平和裡に共存していた。

記者:戦争が長引くとハマスの力は衰えたりはしないか?

高官:それはない。長い間、備えてきたから。

壁画はハマス創始者のアフマド・ヤシン師。2004年、イスラエルにより暗殺された。=ガザ市 写真:筆者=

壁画はハマス創始者のアフマド・ヤシン師。2004年、イスラエルにより暗殺された。=ガザ市 写真:筆者=

 2008~2009年の大規模侵攻ではイスラエル軍が一方的に撤退して収束した。

 8日間の空爆となった2012年の戦争は、最後の2日間で停戦合意した。合意条件は「ハマスがロケット攻撃を止める」「イスラエルは軍事侵攻をやめる」というものだった。

 今回はロングランの交渉となっている。ハマスが求める「ガザの封鎖解除」。イスラエルが要求する「ハマスの非武装化」。根源的であるがゆえに双方が簡単に飲めない。

 ハマスは深刻な財政難に陥っているとされる。公務員の給与を7ヵ月も払っていないというのだ。

 7年間に及ぶイスラエルの封鎖に加えて、シーシ政権の登場でエジプトとの地下トンネルが潰された打撃が大きい。

 ネタニヤフ首相はそこを見逃さなかった。ハマスに財政援助を持ちかけているようだ。西岸を握るファタハとの統一政権を阻止するためである。

 ハマスが統一政権を組みたがっていることを見透かしているのだ。パレスチナが国際社会の支持を得るには「統一政権」でなければならない。それを阻むイスラエル。 
 
 パレスチナの独立は至上命題だが、ハマスにとっては目先のカネも必要だ。イスラエルの掌で転がされるパレスチナのジレンマがそこにある。

   ~おわり~  


2008~2009年の大規模侵攻も突然始まった。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

パレスチナ(ガザ・西岸)