Tag Archives: チェルノブイリ

原発事故・心のケア 「子ども被災者支援法」の基本方針に

   チェルノブイリ原発事故後、親や子供が心に受けた傷を調査・研究してきたエレーナ・トルスタヤ准教授(サハロフ国際環境大学=ベラルーシ)が昨夜、都内で講演した。(主催:DAYS JAPAN/NPO法人 沖縄・球美の里) …
続きを読む»

保養所のアートセラピーで男の子が描いたCG。「もう私は死んでいる」という文章と墓の絵。墓に刻まれた文字は1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故が発生した日時を表す。=20日夜、文京シビックセンター 写真:筆者=
, , ,

福島原発原告団 地検に「強制捜査」要請 チェルノ事故から27年目の日に

   27年前のきょう(4月26日)、ソ連のウクライナ共和国で世界を震撼させる事故が起きた。チェルノブイリ原子力発電所4号機がメルトダウンし、ウクライナのみならず、陸続きの近隣諸国を放射能で汚染したのである。  チェルノ …
続きを読む»

雷雨の中、署名提出のため福島検察庁に向かう原告団。=26日午後、福島市内 写真:田中龍作=
, , , , ,

【諏訪都リポート】 汚染キノコと風化するチェルノブイリ原発事故

 栃木県のシイタケ農家の男性が「原発事故の風化」に抗議して東京電力本社前でハンストを決行した。ウクライナではチェルノブイリ原発事故から26年経ち、惨劇が風化する一方で、キノコはじめ食品の放射能汚染は続く。    首都キエ …
続きを読む»

森に少し足を踏み入れただけでふんだんにキノコが採れる。ウクライナの地が肥沃であることが窺える。=キエフ郊外の幹線道路沿いで。写真:田中撮影=
, , , , , , , ,

【チェルノブイリ点描】 プリピャチ 一度も回らなかった観覧車

 5日後に子供たちの歓声を乗せて回るはずだった観覧車は赤錆びていた。遊園地はメーデーの5月1日に合わせてオープンの予定だった。  チェルノブイリ原発からわずか5・5キロ、原発労働者の街プリピャチ。家族も合わせて4万5千人 …
続きを読む»

錆びついた観覧車は風に揺れることもなく、木々の中にポツネンとたたずんでいた。=プリピャチ。写真:田中撮影=
, , , , ,

【チェルノブイリ報告】 リクビダートルの命削る訴え  「原発は悲劇をうむ」

 チェルノブイリ原発事故(1986年)が起き、60万~80万もの人々が収束作業員として駆り出された。高い放射能により使用不可能となったロボットに変わり、人間ロボットとして働いた彼らの事を「リクビダートル」と呼ぶ。「後始末 …
続きを読む»

スタニスラヴさん(74歳)。「収束作業時の夢を見る事があるか」との質問に「女性の夢は見るけど、原発の夢は見ないよ」。茶目っ気たっぷりにウインクした。=放射能医療研究所・キエフ市。写真:田中撮影=
, , ,

【チェルノブイリ報告】 ウクライナ医師の警告 「最低でも年1回の検診が必要」

 「福島県内では、未だに健康診断を受けていない子ども(18歳未満)がたくさんいます。また、A2判定※の子どもの再検査は2年後ですが、どう思いますか?」。  キエフ市にある、ウクライナ医療放射線研究所のコンスタンティン・ロ …
続きを読む»

ホットスポットのナロジチ地区から治療にきている親子。地方病院で重病と判断された患者はキエフに来る。「サッカーがしたい。でも、あんまり運動はできない」、兄弟は寂しそうに話してくれた。=医療放射線研究所。写真:諏訪撮影=
, , , , ,

【チェルノブイリ報告】~下~ 原発30キロ圏内に暮らす「サマショール(帰って来た人たち)」

 バレンティナさんの息子のヴラジミールさん(59歳)は、母親の面倒を見るために月の半分以上この立ち入り禁止ゾーンに住んでいる。キエフには支給された家があり、家族もいるが、こちらの生活の方がいいと言う。  「キエフに居ても …
続きを読む»

筆者らが訪れた日は東京の冬を思わせる寒い日だったが、ヴラジミールさんは半袖だった。=チェルノブイリ、写真:田中撮影=
, , , ,

【チェルノブイリ報告】 原発30キロ圏内に暮らす「サマショール(帰って来た人たち)」~上~

 チェルノブイリ原発から30キロ圏内(10キロ圏内は含まない)の立ち入り禁止ゾーン。事故から26年たった現在も、このエリアに入ることは厳しく制限される。事前登録が必要でパスポートもチェックされる。退出の際は、全身の放射能 …
続きを読む»

74歳のバレンティナさん。「足が悪いので掃除が大変」と苦笑した。=チェルノブイリ、写真:田中撮影=
, , ,

【チェルノブイリ報告】 ホットスポットの村 医師「心臓疾患、奇形が目立つようになった」

    チェルノブイリ原発から西へ約150キロのナロジチ村を訪れた。針葉樹と広葉樹の入り混じった森が広がり、牛が牧草を食む平原を川が流れる。そのまま一幅の絵画になるような景色だ。  1986年4月26日を境に風光明媚な村 …
続きを読む»

オレナさんは村に大量の放射能が降ったことを知らず、自宅の鶏が産んだ卵を食べ続けた。牛乳も野菜も。=18日、ナロジチ村。写真:田中撮影=
, , , , ,

【チェルノブイリ報告】 「ソ連はプリピャチの子供に汚染されていない食材を送った」

 チェルノブイリ原発から西へ車を10分も走らせると人ひとり住んでいないゴーストタウンが現れる。原発労働者の街だったプリピャチだ。ホテルやアパートの窓ガラスは粉々に割られ、家具も見当たらない。物盗りの仕業だろうか。あれから …
続きを読む»

子供が消えた幼稚園。事故前、住民のほぼ全員に防毒マスクが配布されていた。=16日、プリピャチ。写真:田中撮影=
, , , , , , ,