» 香港

香港勇武派「帰って来れなくなるので遺書は書かない」

 K(24歳)と出会ったのは元朗駅事件の抗議集会だった。1千人を超えるデモ隊が駅構内で座り込んでいた。  田中が参加者にインタビューしていると「日本の方ですか?」と日本語で声をかけてきたのがKだった。彼女は日本での生活経 …
続きを読む»

Kさんは故あって現在日本に滞在中だ。=10日、都内 撮影:田中龍作=

ナチスの所業、拘束者の手に番号 普通選挙求め戦う香港人

 香港の反政府デモを支持する動きが自由主義各国への広がりを見せる。  日本でも小規模ながらデモや集会が催されている。きょう3日午後、東京・御茶の水駅前で市民有志がスタンディング・アピールをした。(呼びかけ:ATTAC J …
続きを読む»

燃やされるCINAZI、上部には習近平の写真も。 =国慶節、銅鑼湾 撮影:田中龍作=

香港大実業家、身銭切って飲食店救う 日本の大企業経営者と真逆

 自分と株主さえ儲ければ、庶民と国はどうなってもいいと思っている日本の大企業経営者と真逆だ。    香港を代表する企業グループ、長江実業の創設者で世界的大富豪の李嘉誠(レイ・ガーゼン)氏が、政治的混乱の煽りで不況に陥る中 …
続きを読む»

習近平にとって李嘉誠氏は好ましくない人物の一人。=20日、西九龍駅近く 撮影:田中龍作=

【香港点描】反政府デモを本格化させた ヤクザ、親中派議員、警察の癒着

 7月21日、深圳に近いMTRの元朗駅で角棒などを手にしたヤクザが乗客やデモ隊を襲撃する事件が起きた。少なくとも45人が重軽傷を負った。  目撃者がすぐに警察に通報したが、不可解なことに誰も電話に出なかった。捜査の展開も …
続きを読む»

駅が封鎖されるとデモ隊は駅構内に立て籠もった。=8月21日、元朗駅 撮影:田中龍作=

皆様のお力で田中を再び最前線に立たせて下さい

 「苛政あり、暴徒はいない」と香港市民は言います。  平和裏に行われて来たデモが過激化したのは、人民解放軍や中国武警が混じった苛烈な弾圧に対する反作用でした。  香港情勢は日を追うごとに悪化しています。  当たり前のよう …
続きを読む»

香港が中国の弾圧をはねのけて、自由を守りきれるとすれば、彼らの尊い犠牲の御陰だ。国慶節直前にデモ隊の大量逮捕があった。=9月29日、金鐘道 撮影:田中龍作=

【香港発】断腸の思いで帰国を決断致しました

予断を許さぬ香港情勢を最後まで見届け、読者にお伝えすることが私の役目であると任じておりました。 「ビザ90日」の制限をクリアするために、一度沖縄に出て再入国したほどです。 とはいえ、滞在を続けるのは資金的に困難な状態とな …
続きを読む»

中国共産党の国慶節を直前に控えたこの日、デモ隊の大量逮捕があった。=9月29日、金鐘道 撮影:田中龍作=

【香港発】「空港封鎖」デモ戦術も学び合う 独立闘争は海を越えて繋がる

 中央政府の独裁と戦うカタルーニャと香港が24日、同時に連帯集会を開いた。  香港とカタルーニャはあまりに似た状況にある。  反政府デモに対する警察の苛烈な取り締まり。そして中央政府への住民の拭い難い不信感と反発。  遮 …
続きを読む»

CATALONIA IS NOT SPAIN. 香港の反政府デモ・スローガンのひとつ「Hong Kong is not China」と同じだ。プラカードを持つ男性は「カタロニアの事が他人事とは思えない」。=24日夜、遮打花園 撮影:田中龍作=

【香港発】Hong Kong の山本太郎 「普通選挙があれば…」

 「五大訴求の一つが欠けても我々は認めないぞ」「今すぐ普通選挙の実施を」・・・革命スローガンを叫んでいるのは、前・立法会議員で民主派の梁國雄だ。  20日あった35万人デモの終着点となった西九龍駅すぐ傍の路上。デモ参加者 …
続きを読む»

梁氏は香港のチェ・ゲバラと異名をとる。風貌も言動も野性味たっぷりだ。=20日、西九龍駅そば 撮影:田中龍作=

【香港発】デモ隊の砦に「玉砕」の文字 特攻隊に等しい最前列

 「We fight to protect our Hong Kong=私たちの香港を守るために戦っている」と14歳の少女が言った。  子供の戦(いくさ)支度を手伝っていた母親は「My son protect count …
続きを読む»

念入りに築いたバリケードに横断幕がかかった。そこには「玉砕」の文字が。=20日、西九龍駅そば 撮影:田中龍作=

【香港発】カネの力に屈した世界が香港を見捨てる日

 Dou you remember me?  小柄な女の子が目の前に現れた。  忘れもしない。6月21日、市民1万人余りが警察本部を包囲した時だった。最前列でシュプレヒコールをあげていた子だった。  Almost my …
続きを読む»

勝つのはどっち? 習近平か米国か。=10月18日、沙田のヒューマンチェーンで 撮影:田中龍作=