» 憲法

安倍首相「2020年改憲」 読売、日本会議 同時発表

 「くるべきものが来たか」。憲法記念日の朝、読売新聞の一面を見て反射的に思った。「安倍首相 憲法改正20年施行」と大見出しが躍っているのである。  2020年、安倍首相の手で東京オリンピックを開催し、憲法改正もやってのけ …
続きを読む»

パネルディスカッション。桜井よしこ氏の司会で自・公・維の憲法審査会委員が改憲論を語った。=3日、砂防会館 撮影:筆者=

【共謀罪】 市民「私だって捕まる。これが通ったら手遅れ」

 人々の目が「アッキード事件」に釘付けになっている陰で、恐ろしい法律が制定されようとしている。「共謀罪」である。  響きが良くないことから政府は「テロ等準備罪」に名称を変えた。法案提出に向けた閣議決定があす21日にも な …
続きを読む»

共謀罪らしき法律が適用された沖縄に思いをめぐらし、ヤンバルクイナの被り物を頭に載せた参加者。=19日、国会議事堂前 撮影:筆者=

「民進党は市民の声を聞け」 安保強行採決から1年

 アベノ・クーデターから今日でちょうど1年が経つ。国会前では安倍政権の下地を作った民主党(現・民進党)への不信感と怒りが渦巻いた。  憲法9条を無視する形で集団的自衛権の行使を認めた強行採決を忘れてはならない、とする集会 …
続きを読む»

福島みずほ議員は沖縄・高江から、集会のため急きょ帰京した。現地の状況を「緊急事態条項を先取りしている」と説いた。左は菱山南帆子さん。=19日、国会正門前 撮影:筆者=

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか 著者・矢部宏治

(太字は田中龍作の勝手な解釈)  日本がアメリカの属国に過ぎないことを改めて認識させられる著作だ。「日本はなぜアメリカのために戦争をするのか?」を明快に解き明かしてくれた。  国権の最高機関は国会ではない。日本の最高意思 …
続きを読む»

執筆を前に著者は40日間実家にこもり、外交文書などを読み込んだ。

【参院選】 アベ首相の本音は「憲法改正」  争点隠しに騙されるな

 安倍首相が最近、持論の憲法改正をピタリと言わなくなった。憲法改正の可能性が少なくなったからではない。その逆だ。  憲法改正の発議に必要とされる衆参両院で3分の2以上を獲れる可能性が出てきたからだ。  与党は前回(201 …
続きを読む»

改憲発議に必要な3分の2を獲れそうなことをポロリと漏らした自民党の鶴保・参院政審会長。永田町のタブーに触れる山本議員を、小バカにした目で睨んだ。=NHKテレビより=

参院選・争点隠しにだまされるな 改憲派「まず緊急事態条項を」 

 憲法記念日のきょう、改憲派が集会を開いた。今年のテーマは「緊急事態条項」だ。  東京・砂防会館で行なわれた集会には1200人近くの参加者が集まり、改憲に賛成する国会議員、憲法学者などが顔を揃えた。(主催:民間憲法臨調 …
続きを読む»

櫻井よしこ代表。この髪型を維持するのに毎朝、専属の美容師にセットしてもらっているという。=3日、砂防会館 撮影:田中=

「マスコミはしっかり伝えてほしい」戦争法と秘密法 違憲訴訟

 「私は銃後の守りなんて絶対しません!」  きっぱりとした口調で宣言したのは、原告の一人「ママの会」の辻仁美さんだ。それを聞いた隣の男性記者が意外そうに首をひねった。  辻さんには19歳になる息子がいる。「戦争の最前線に …
続きを読む»

「特定秘密保護法反対」を呼び掛けるビラを配る原告団。=26日、東京高裁前 撮影:筆者=

戦争法制施行 国会前の怒気再び

 強行採決の夜と同じ怒気が戻ってきた。安保法制が施行されたきょう、国会前には平和を願う大勢の人々が続々と詰めかけた。  歩道と車道の境には鉄柵が連なり、機動隊は鉄柵が参加者の圧力で決壊しないよう懸命に押さえた。昨夏の光景 …
続きを読む»

「我が子を戦場に送りたくない一心で来た」。母親は必死の形相で戦争法制に反対する声をあげていた。=29日夜、国会議事堂前 撮影:筆者=

「警察として認めない」ハチ公前集会を強行扱い 表現の自由危うし

 緊急事態法施行の予行演習なのか? 警察が表現の自由の規制を始めた。  きょう午後1時過ぎ、母親たちが渋谷ハチ公前で「反安倍」「反安保」「反TPP」集会の準備を始めたところ、制服警察官約10人が駆けつけてきた。  「通行 …
続きを読む»

「公道なのになぜ規制されなきゃならないの?」女性は警察に激しく抗議した。=27日午後1時頃、渋谷ハチ公前 撮影:筆者=

国家非常事態宣言、延長 仏オランド政権よりはるかに怖いアベ政権

 日本にとって対岸の火事ではない。フランスの国家非常事態宣言がさらに3ヵ月延長される見通しだ。  国会で承認されれば「裁判所による令状なしでの家宅捜索」「デモ集会の禁止」が6月まで続くことになる。政権や警察はテロの取締り …
続きを読む»

機動隊に赤いバラをプレゼントしようとするデモ参加者。「手荒なことはしないでね」というメッセージだろうか。=昨年12月、凱旋門前 撮影:筆者=