» 写真

【官邸前エクスプレッション】 9月14日~「怒ってる動物に代わって来た」

 金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人超の人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります。 …
続きを読む»

二人は東京北区からきた俳句仲間。「(原発事故で)怒っているはずの動物に変わって、狐のお面をつけて来た」。=官邸前。写真:諏訪:撮影=
, ,

【官邸前エクスプレッション】 7月20日~元首相が抗議に来た

 金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人超の人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります。 …
続きを読む»

マスコミに揉みくちゃにされながら官邸前に到着した鳩山元首相。元首相が市民と共に現首相に抗議した。鳩山氏は民の声に耳を傾けない野田政権に怒りを露わにした。=永田町。写真:諏訪:撮影=
,

【官邸前エクスプレッション】 8月31日~自死者たちを弔いに来た

  金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人超の人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります …
続きを読む»

「原発事故で自殺に追い込まれた農民たちの霊を弔いに来た。この悲劇を風化させてはならない」。首吊り縄のオブジジェを製作した男性は表情を引き締めた。=永田町。写真:諏訪:撮影=
,

【官邸前エクスプレッション】  6月29日~大飯原発・再稼働前夜

 金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人超の人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります。 …
続きを読む»

「再稼働を許してはならない」。危機感を抱いた市民が夕方、続々と押し寄せた。参加者は20万人(主催者発表)。=永田町。写真:田中撮影:撮影=
, , , ,

官邸前エクスプレッション  7月13日~警察の鉄柵登場

 金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人超の人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります。 …
続きを読む»

子供連れが多いのも金曜集会の特徴だ。「我が子の将来のためにも原発はこの世から無くなってほしい」というのが親の切なる願いだろう。=永田町。写真:諏訪撮影=
, , , , ,

官邸前エクスプレッション ~7・29 議事堂包囲編~

 金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人超の人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります。 …
続きを読む»

この日も警察の規制線が決壊した。冷静な行動を呼びかける主催者。60年安保で国会を包囲した男性は「あの時より怒りのボルテージが高い」。=7月29日午後7時50分。国会議事堂前。写真:諏訪撮影=
, , , , ,

官邸前エクスプレッション ~8月3日編~

 金曜恒例となった原発再稼働反対集会には、毎回数万~10万人を超す人々が、脱原発への思いを込めて、首相官邸前、国会議事堂前に足を運んで来ます。  「怒り」「悲しみ」「呆れ」「憎しみ」…。永田町の一角に人間の感情が迸ります …
続きを読む»

豊島区在住の母と娘。「再稼働反対!」パーカッションのリズムに乗せて叫ぶ母と娘の声がハモっていた。=3日夕、国会議事堂前。写真:諏訪撮影=
, ,

【中野写真館】 赤ちゃんが父親を睨んだ

 退去期限を過ぎて危機感が募る「脱原発テント」を都内在住の若者たちが訪問した。女性テント呼びかけ人の椎名千恵子さんらが迎えた。  東京地方は大寒波の襲来で連日厳しい寒さが続く。暖房器具一つないテントは、震え上がるほどだっ …
続きを読む»

(28日、経産省前・脱原発テント)
, , , ,