【香港発】中国返還後、凶暴化した警察への恐怖と憎しみは尽きない

2階建てバスの乗客は燃え盛る炎に驚いたようすだった。=22日夜、旺角警察署そば 撮影:田中龍作=

2階建てバスの乗客は燃え盛る炎に驚いたようすだった。=22日夜、旺角警察署そば 撮影:田中龍作=

 九龍半島の繁華街、旺角の警察署前にまた抗議の民衆が押し寄せるようになった。

 22日夜、デモ隊は機動隊に蹴散らされながらも、2度にわたって警察署そばの交差点にバリケードを築いた。何者かがガソリンを撒き火を着けた。

 燃え盛る炎に民衆は歓声をあげた。歓声はすぐに「光復香港、時代革命」の革命スローガンに変わった。

 警察署前の大通りを通過する車はクラクションを激しく鳴らす。親指を上に向けて突き立てたり、拳を振り上げたりするドライバーもいて、革命前夜を連想させた。

地元住民は警察に激しく抗議した。=22日夜、旺角警察署そば 撮影:田中龍作=

地元住民は警察に激しく抗議した。=22日夜、旺角警察署そば 撮影:田中龍作=

 8月31日、旺角警察署に隣接する太子駅構内で起きた機動隊による陰惨な暴行事件は、今なお人々の記憶に生々しい。

 「行方不明者はいない」と警察は主張するが、香港市民は信じてはいない。MTRが監視カメラの記録映像を公開しなかった(警察がさせなかった)ことも大きい。

 市民の強い要望に押されてMTRは映像を公開したが、一部だった。これが香港市民の不信と反発をさらに増幅させた。

 中国政府系ヤクザが乗客とデモ隊を襲撃した元朗駅事件(7月21日発生)と香港の天安門事件と異名を取る太子駅事件。

 両件の解明は民主派勢力が掲げる「五大訴求」の一つだ。「警察の暴力(黒社会との関わり含む)に関する独立調査委員会の設置」を求めているのである。

 中国返還後凶暴化した香港警察に対する恐怖と憎悪。中国への反発と相まって尽きることはない。

「五大訴求」「8月31日」を形どったキャンドルが闇を照らした。=22日夜、太子駅頭 撮影:田中龍作=

「五大訴求」「8月31日」を形どったキャンドルが闇を照らした。=22日夜、太子駅頭 撮影:田中龍作=

    ~終わり~
  
     ◇
一歩も退かずに大中国と戦う香港の人々には勇気づけられます。「香港で何が起きているのか」。

日本のマスコミが報道しない香港の現実を伝えるため、長逗留となっています。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます…
         ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国