【香港発】人間の鎖 中高生「私たちの歴史が消されるのがイヤ」

中高生たちは幼さの残る声で革命スローガンを叫びがらヒューマンチェーンを作った。=20日夕、荃灣 撮影:田中龍作=

中高生たちは幼さの残る声で革命スローガンを叫びながらヒューマンチェーンを作った。=20日夕、荃灣 撮影:田中龍作=

 デモの最前線に立つのは、最も追いつめられている世代だからだろう。

 香港ではほぼ毎日、どこかで中高生(※)たちが人間の鎖を作り、中央政府に抗議している。(※香港は中学校が6年まで。日本の制度で言えば、中高生)

 20日、九龍半島の郊外、荃灣で中高生たちがヒューマンチェーンを作った。

 「こうするしかないから(人間の鎖に)出てきた」。16歳の女の子は話した。彼らが置かれている状況を如実に示している。

 彼女は「プロテスターの中心は学生。学生がデモに出て来なくなったらこの運動は終わる」とも語った。

 「光復香港」「時代革命」。中高生たちは手と手をつなぎスローガンを叫んだ。

デモ最前線はティーンエイジャーが中心だ。=8月24日、牛頭角 撮影:田中龍作=

デモ最前線はティーンエイジャーが中心だ。=8月24日、牛頭角 撮影:田中龍作=

 14歳の女の子は「香港を守るために叫びます」。

 まだ純粋な少年少女たちは、中国共産党の巨大な黒い影に反発する。

 「中国の教育は自由がない」と言う16歳の女の子は、天安門事件を例に持ち出した―

 教科書には「1989年6月4日、北京の天安門に多くの人々が集まった」とあるだけ。

 「何のために集まったのか」「結末はどうなったのか」は記述がない、という。

 彼女は「私たちの歴史が消されるのはイヤ」と悲しそうな目をした。

催涙ガスを浴びた経験のある女の子は「怖いけどデモに出る」。=20日夕、荃灣 撮影:田中龍作=

催涙ガスを浴びた経験のある女の子は「怖いけどデモに出る」。=20日夕、荃灣 撮影:田中龍作=

 同じ学校のセーラー服を着た女の子は「五大訴求のために闘っている」という。

 田中は「五大訴求を中国共産党が認めるはずがない。永遠に闘わなければならなくなるが?」と、わざと意地悪に尋ねた。

 アニメ好きで日本語が話せる彼女は「ぜったい闘い続けます。永遠にです」と身を乗り出すようにして答えた。

 中国は力で弾圧し抜くだろう。かりに今の中高生を黙らせることができても、彼らは自分の子供たちに自由の尊さを教えるだろう。

 香港人の血が続く限り、中国共産党との闘いは永遠に続く。

     ~終わり~

    ◇
デモの最前線に立つ少年少女の悲痛な叫びを、同じアジア人として放っておくことはできません。

『田中龍作ジャーナル』は、日本のマスコミが報道しない香港の現実を伝え続けています。大借金です。ご支援何とぞ宜しくお願い致します…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国