【香港発】仲間を逃がすため 血みどろ、ペッパースプレーで逮捕の男性は19歳だった 

岳義士は支援者に厳重にガードされながら車に乗り込み裁判所を後にした。=17日午後4時30分頃、東区法院前 撮影:田中龍作=

岳義士は支援者に厳重にガードされながら車に乗り込み裁判所を後にした。=17日午後4時30分頃、東区法院前 撮影:田中龍作=

 15日夜、警察に追われていたデモ仲間を逃がすために機動隊に1人で殴りかかった男性がいた。反撃に出た機動隊は青年が血まみれになるまで警棒で殴り、ペッパースプレーを噴き付けた。失神するほど痛いはずだ。

 男性はあげくに逮捕される・・・映像がSNS上を駆け巡ったため、事件は内外に大きな波紋を呼んだ。

 日本の訴訟手続きで言えば勾留請求の手続きがきょう、裁判所(東区法院)であった。

 男性が無事であるのか知りたい一心で田中は「勾留請求手続き(裁判ではない)」を傍聴した。香港外国特派員協会で取得したプレスカードを提示すると記者席で傍聴できた。

 男性は、見た目は元気だった。

 男性の直接の逮捕容疑は公務執行妨害のようだ。だがヘルメット、ゴーグル、レーザーライトなどプロテスターの七つ道具を所持していた。暴動罪で起訴することも可能だろう。

 検事は裁判所に提出したこれら七つ道具の写真を、田中に誇らしげに示した。

大勢の支援者が岳義士のポスターを掲げて一時保釈を待った。=17日午後4時過ぎ、東区法院前 撮影:田中龍作=

大勢の支援者が岳義士のポスターを掲げて一時保釈を待った。=17日午後4時過ぎ、東区法院前 撮影:田中龍作=

 男性は2日前に負った傷で体が疼いているはずなのだが、背筋を真っ直ぐ伸ばし毅然とした態度で、検事の「罪状朗読(のようなもの)」に耳を傾けた。

 落ち着き払っていたこともあり、30歳前後かと思っていたら、男性は19歳の学生だった。

 事件当日、「岳」の文字が背中に入ったポロシャツを着ていたことから、「岳義士」のニックネームで呼ばれる。市民から尊敬されているのだ。

 岳義士はきょう夕方、一時保釈された。10月に裁判があり、その時は出廷しなければならない。有罪となり再収監される可能性も残されている。

 東区法院前は約500人の支援者が訪れ、岳義士がとりあえず勾留を解かれたことを喜んだ。

 「堅持五大訴求 缺一不可」(5大要求のどれか一つが欠けても認められない)のシュプレヒコールが響いた。

~終わり~ 
 
  ◇
香港の自由を守るために少年・少女が警察に逮捕されることも、撃たれて失明することもいとわず、大中国と戦っています。

日本マスコミが報道しない香港の現地を伝えるために、現地まで足を運びました。クレジットカードをこすりまくっての借金です。ご支援何とぞ宜しくお願い致します。
      ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国