【香港発】中国支配拠点へのデモ前夜 民主派シンボル一斉逮捕

一時保釈されたアグネス・チョウ氏は、拳を握って北京政府と闘う姿勢を表した。左隣はジョシュア・ウォン氏。=午後6時頃、東区裁判所前 撮影:田中龍作=

一時保釈されたアグネス・チョウ氏は、拳を握って北京政府と闘う姿勢を表した。左隣はジョシュア・ウォン氏。=午後6時頃、東区裁判所前 撮影:田中龍作=

 中国による香港支配の拠点である中聯弁(中央政府駐香港連絡弁公室)に、デモが掛けられる直前に一斉逮捕劇は起きた。

 逮捕されたのは、民主派のリーダー黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏、女神の周庭(アグネス・チョウ)、香港民族党の陳浩天(アンディ・チャン)の3氏。

 黄氏と周氏の逮捕容疑は違法集会に参加したカドだ。6月21日、1万人のデモ隊が警察本部を包囲した件である。田中もこの現場を取材していたが、2人はここで演説し参加者を励ましただけだ。

 黄氏はけさ7時20分頃、自宅から駅に向かう路上で車に押し込まれて、連行先の警察本部で逮捕された。

 周氏はけさ9時30分頃、警察が自宅に踏み込んで来て逮捕された。

 香港独立を目指す香港民族党の陣氏は昨夜、空港で逮捕された。日本に向かおうとしていた。

 陣氏は7月15に九龍半島の上水であったデモの主催者で、警襲罪の容疑がかけられている。

1万人のデモ隊が警察本部を包囲した集会に参加し、演説する黄之鋒氏。これが逮捕容疑となった。=6月21日、警察本部前 撮影:田中龍作=

1万人のデモ隊が警察本部を包囲した集会に参加し、演説する黄之鋒氏。これが逮捕容疑となった。=6月21日、警察本部前 撮影:田中龍作=

 黄氏と周氏はきょう午後5時58分(日本時間午後6時58分)、保釈金を積み一時保釈された。11月8日、再び裁判に臨む。再勾留もありえるため、まだ緊張は続く。

 両氏は東区裁判所前で囲み会見を開いた。

 BBC記者が「今回の逮捕(劇)には北京政府の影が見えるが」と質問すると、黄氏は「シー・ジンピン(習近平)が香港警察の尻を叩いた。政治的な刑事訴追だ」。

 田中は周氏に「(翌日、中聯弁へのデモがある)このタイミングの逮捕劇をどう思うか?」と尋ねた。

 周氏は「恐怖させて(デモに)出て来させないようにしても、私たちは出てくる。私たちは諦めない。民主化運動をやってて良かったと思う日が来るまで頑張る」と歯切れよく答えた。

 一方で「12月か1月に日本に行く予定だったが、出国禁止となったため行けない」と肩を落とした。

 黄氏は9月初旬に台湾を訪問する予定だった。中国は3氏を外国に出さないようにするため、逮捕したともとれる。

日本通としても知られるアグネス・チョウ氏。「香港の民主化のために闘う」。超大国に対しても怯んでいなかった。=30日午後6時頃、東区裁判所前 撮影:田中龍作=

日本通としても知られるアグネス・チョウ氏。「香港の民主化のために闘う」。超大国に対しても怯んでいなかった。=30日午後6時頃、東区裁判所前 撮影:田中龍作=

 民陣(民間人権陣線)は、あす中聯弁に向けてデモ行進することを警察に申請していたが、警察は認めなかった。

 先の200万人デモ、170万人デモを主催したのは民陣である。

 それでも民主派勢力はあす、中聯弁へデモを掛ける構えだ。無届けデモとなるため、参加者はことごとく逮捕されることになる。

 大中国の皇帝が力で押さえ込んでも、香港の自由を守ろうとする市民は、逮捕を恐れずに路上に出るつもりだ。

  ~終わり~

    ◇
逮捕されてもなお、香港の自由を守るために大中国と闘う人々を取材するために、現地まで足を延ばしました。

借金を返せなくなれば『田中龍作ジャーナル』は倒産、廃刊となります。ご支援何とぞ宜しくお願い致します。
        ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国