警察本部封鎖の学生 「香港で起きている事を世界に報せて」 

デモ隊は「(条例を)全面撤回せよ」「(逮捕者を)釈放せよ」とシュプレヒコールをあげた。=21日、警察本部前 撮影:田中龍作=

デモ隊は「(条例を)全面撤回せよ」「(逮捕者を)釈放せよ」とシュプレヒコールをあげた。=21日、警察本部前 撮影:田中龍作=

 警察はあらゆる角度からデモ隊の一人一人を撮影していた。

 「Don’t shoot us」。デモ隊が抗議の声をあげた(Shootには「撮影する」の意味もある)。

 21日、警察本部前は「引き渡し条例」の撤回を求める1万人で埋め尽くされていた。

 顔認証システムにより警察はデモ参加者が、「どこの何某」であるのかを特定できる。香港人であれば誰しもがパスポート持っているため、Googleの顔認証システムを使うまでもない。

 中国政府から見れば、彼らはれっきとした「政治犯」「思想犯」である。実際、中国共産党批判の書籍を扱っていた香港の書店員らが大陸に連行された事件が2015年にあった。

 中国政府に盾突くことは禁忌なのである。海外に脱出できるほどの財力を持つ人はほんの一握りだ。

 それでも若者たちは怯まずに警察本部を封鎖し、抗議の声をあげ続けた。

 デモ隊の警察封鎖は17~18時間に及んだ。リュックに入れてきた水は尽きた。炎天下で体力を消耗した。空腹のため力も出ない。

警察のカメラは地上だけではなかった。高い場所からもデモ隊を撮影していた。=21日、湾仔 撮影:田中龍作=

警察のカメラは地上だけではなかった。高い場所からもデモ隊を撮影していた。=21日、湾仔 撮影:田中龍作=

 疲れきっていた田中だったが、デモ隊の学生が いたわって くれた。水や食料を調達してくれたばかりではない。携帯扇風機で風を送り続けてくれた。

 田中が撮影のために動くと追いかけてきて、「私たちの傍を離れる時は、『動く』と言ってからにして」と怒ったように言うのだ。

 状況が緊迫してくると「早くヘルメットを着けて、ゴーグルも」と急かす。少し気が強いが、可憐なボディーガードだった。

 雨傘革命(2014年)取材では鮮烈な思い出がある。現地華字紙の若き記者が田中の取材を手伝ってくれたのである。

 プロに頼んだ訳だから、日払いでギャラを渡していた。

 2週間の取材を終え、帰国する日のことだった。若き記者は田中の投宿先を訪ねてきて、封筒を差し出した。中身を見て驚いた。現金だった。

 田中が渡したギャラがそっくりそのままだ。引き出しにそのまま入れていたのだろう。

 今回も最終日に泣かせられることがあった。警察本部前の “ボディーガード” からFBのダイレクトメッセージが届いた。

 「香港で起きていることを世界に報せて(この後、涙マーク)」。

時間が経つにつれデモ隊は膨らんでいった。=21日、警察本部前 撮影:田中龍作=

時間が経つにつれデモ隊は膨らんでいった。=21日、警察本部前 撮影:田中龍作=

    ~終わり~

   ◇
暴政はデモで止められることを香港の人々が教えてくれました。圧倒的なピープルズパワーがあれば暴政を防ぎ得るのです。

香港の人々から学んだことは、拙稿を通じて読者の皆様に還元していく所存です。

多大な取材費を要したため、『田中龍作ジャーナル』の財政が非常に危うくなっております。皆様のご支援で倒産からお救い下さい。どうか『田中龍作ジャーナル』を存続させて下さい…
   ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国