【ロヒンギャ難民キャンプ発】第2のソンミ村事件 生存者「村人の半数が殺された」

夫、嫁はじめ一家9人を失ったハビバさん(35歳)は、抜け殻のようだった。抱いているのは娘のアスモトちゃん(2歳)。彼女が泣き出したため、潜んでいたところを軍に見つかった。=26日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

夫、嫁はじめ一家9人を失ったハビバさん(35歳)は、抜け殻のようだった。抱いているのは娘のアスモトちゃん(2歳)。彼女が泣き出したため、潜んでいたところを軍に見つかった。=26日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 ミャンマー国軍による掃討作戦(2017年8月~)を恐れて65万人のロヒンギャが脱出したラカイン州で、ベトナム戦争中のソンミ村(1968年、村人507人中504人が殺害)と同じような虐殺事件が起きていた。

 バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプに逃れてきた生存者が、田中と地元記者に明かした。

 証言によると大量虐殺事件があったのは南北に細長いラカイン州のほぼ中央に位置するシュワピン村。人口わずか1,200人の小さな村だ。人口の半分にあたる550人が軍に殺害されたものと見られている。

 ハビバ・カトゥンさん(35歳)に当時を再現してもらった ―

 ラマダン中の昨年5月、軍が村のすぐ近くに進駐してきた。軍は村人たちに「村の外に出るな」と命じた。次は「家の外から出るな。日没後は明かりを灯すな」と。

 命令に背いた村人は軍に連行された。軍は「鶏、牛、カネを出せ」と要求してきた。要求に応じると連行した村人を返した。応じなかった時、村人は刑務所に送られた。

 8月27日午後2時、軍は村を包囲した。危険を察知した村人たちは池畔に逃れたり、トイレの便槽に身を沈めるなどした。

 ハビバさん一家12人は屋根裏に隠れた。軍は家の中に踏み込んで来て食料などを奪って去って行った。胸を撫で降ろしたが束の間だった。2歳の娘が泣き出したのである。

  《16歳の美人嫁はレイプが終わるとすぐに殺害された》

 泣き声を聞いた軍は戻って来た。屋根裏に潜んでいた一家12人は軍に発見された。銃座で殴られた後、全員が手を縄で縛られ、軍のキャンプに連行された。

 12人の中に息子の嫁(16歳)がいた。美しい娘だった。嫁は別の部屋に連れて行かれた。叫び声でレイプとわかった。レイプが終わると嫁は殺害された。

12人いた一家はハビバさん、母親(60歳)、娘の3人になってしまった。忌まわしい事件を涙ながらに語った。=26日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

12人いた一家はハビバさん、母親(60歳)、娘の3人になってしまった。忌まわしい事件を涙ながらに語った。=26日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 軍はこれ見よがしに嫁の遺体を私たちの前にさらした。田中は「射殺されたのですか?」とジャスチャーをまじえて質問したが、ハビバさんは涙を拭うばかりで答えなかった。

 よその家族だったが、若者2人が目の前で撃ち殺された。処刑を見せつけた後、軍は私たちに目隠しの布を巻きつけた。そして次のように言い放った。

 「お前たちのような年増女を我々は必要としていない。殺す必要もない。この村から出て行け」。

 嫁を殺されて11人となった一家は、目隠しをされたまま地面を這って逃げた。12人だった家族はバングラにたどり着いた時、3人になっていた。

 強制送還されるんだったら、ここ(難民キャンプ)で死んだほうがいい。

 ハビバさんは「500〜600人が殺されたと思う」と見る。

 数字は難民の聞き取り調査を進める「Arakan Refugee Humanright and Peace Group」のデータと符合する。
 
 シュワピン村で大量虐殺が起きたのには理由があった。

 ミャンマー国軍が手を焼くイスラム武装勢力ARSA(アラカン・ラカイン救世軍)の基地に隣接していたのだった。

 ベトコン掃討を名目に非戦闘員を皆殺しにしたソンミ村虐殺事件とよく似た理由だ。

 Groupの調査員ヌルアロン氏は「biggest massacre(最大規模の虐殺)、genocide(大量虐殺)」と語気を強めた。

シュワピン村の生存者たちが暮らす難民キャンプの一角。=26日、ミャンマー国境 撮影:筆者=

シュワピン村の生存者たちが暮らす難民キャンプの一角。=26日、ミャンマー国境 撮影:筆者=

 〜終わり~

 ◇
読者の皆様。日本政府はミャンマーとの経済関係を優先するあまり国軍の蛮行に目をつぶり、そればかりかロヒンギャ難民の強制送還に向けて手を貸すありさまです。マスコミは経団連と日本政府の意向を忖度し、ミャンマー寄りの報道を続けています。

田中龍作は真実を伝えるためにバングラデシュまで来ました。カードをこすりまくっての借金です。ご支援なにとぞ宜しくお願い致します…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ