【ロヒンギャ難民キャンプ発】「1万1千人殺害」ミャンマー国軍迫害の実態 国連に伝えた調査団長拘束

聞き取り調査記録は、当局に没収されてもいいようにコピーがある。調査員40人全員が亡き者とされても、ミャンマー国軍による迫害のデータは残る。=25日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

聞き取り調査記録は、当局に没収されてもいいようにコピーがある。調査員40人全員が亡き者とされても、ミャンマー国軍による迫害のデータは残る。=25日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 国連人権特別報告者に呼ばれて、ミャンマー国軍によるロヒンギャ迫害の実態を伝えていた難民男性が、バングラ軍に突き出され、その後警察に拘束されていたことがきょう、分かった。

 拘束されたのは難民の聞き取り調査を進める「Arakan Refugee Humanright and Peace Group」のリーダー、モヒブッラー氏(47歳)。本人によると、軍は氏の名前がイスラム武装勢力のリストに載っていないことことが分かると、警察に移送したという。

 軍に突き出したのはバングラ警察の私服刑事と見られる。

 モヒブッラー氏は20日、難民キャンプを視察した国連人権特別報告者のヤンヒ・リー氏に指名されて面会した。モヒブッラー氏率いる「Arakan Refugee Humanright and Peace Group」の調査が膨大で詳細にわたっていることをヤンヒ・リー氏が知っていたからだ。

 Groupはこれまでに難民12万人から聞き取り調査を済ませた。最終的には75万人全員からミャンマーでの実態を聴く予定だ。2016年10月に起きた国軍による迫害から逃れてきた人々も含めてである。

 田中はGroupの聞き取り調査に同行した。昨年10月から続いているだけに難民キャンプでも定着した感がある。難民たちは調査員に心を開いていた。調査員が難民一人ひとりの事情をよく把握しているのには驚く。

 「いつ、どこで、どうやって、ミャンマー国軍に襲撃されたのか?」「家は焼かれたか?」「誰が殺されたか?」「レイプは?」「どうやって逃げたか?」・・・

 政府統計のような ざっくりした数字 ではなく、ひとつ一つ具体的に証明される数字には有無を言わせぬ説得力がある。

国連人権特別報告者ヤンヒ・リー氏の難民キャンプ視察後、国連は早期強制送還の見直しを求めるようになった。=21日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

国連人権特別報告者ヤンヒ・リー氏の難民キャンプ視察後、国連は早期強制送還の見直しを求めるようになった。=21日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 Groupの調査員ヌルアロン氏は、「少なくとも1万1千人が殺され、7万5千戸が家を焼かれた。レイプされた女性は1,100人」と見る。数字はグループで共有されている。(ちなみに国境なき医師団は6,700人が殺害された、とする)

 ミャンマーのスーチー国家顧問が認めた「国軍との衝突でARSA(アラカン・ロヒンギャ救世軍)の戦闘員10人が死亡」とは天と地の開きだ。

 どちらが実態を物語っているかは、言うまでもないだろう。

 国際社会周知の事実であるのにもかかわらず、ミャンマー政府はロヒンギャ虐待の実態を隠したがる。

 少しでも早くロヒンギャ難民をミャンマーに返したいバングラ政府も同様の姿勢だ。

 国連人権特別報告者ヤンヒ・リー氏と会った調査グループのリーダーは逮捕され、氏の難民キャンプ視察を取材していた田中はバングラ警察からツマミ出された。両者はきれいに辻褄が合う。西側メディアは1社たりともいなかった

 22日、警察に拘束されたモヒブッラー氏は24日、釈放されたが、外国人と会うことは禁止されている。

 モヒブッラー氏が拘束された直接の容疑は、「人々を扇動し社会を不安に陥れた罪」。国連人権特別報告者が20日、難民キャンプを訪れた際、約1千人のロヒンギャがヒューマンチェーンを作り、強制送還に反対する意思表示をした。

 警察はモヒブッラー氏を、その首謀者としたのである。

厳重な警備のなか難民の訴えを聞くヤンヒ・リー氏(奥・サングラス)。田中はこの直後、警察からツマミ出された。=21日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

厳重な警備のなか難民の訴えを聞くヤンヒ・リー氏(奥・サングラス)。田中はこの直後、警察からツマミ出された。=21日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

  〜終わり~
   
   ◇
読者の皆様。ロヒンギャ難民の強制送還は遅れることになりましたが、難民たちをミャンマーに送り返すバングラ政府の方針は変わっていません。田中龍作ジャーナルは日本のマスコミが報道しない現状を伝えます。カードをこすりまくってバングラデシュに来ております。借金です。ご支援なにとぞ宜しくお願い致します… http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ