【ロヒンギャ難民キャンプ発】 強制送還・中継地点の島に一時収容施設はなかった

ミャンマー側からロヒンギャたちを乗せてきた船。ある難民は「40ドル払った」という。=22日、シャープリル・ドウィップ島 撮影:筆者=

ミャンマー側からロヒンギャたちを乗せてきた船。ある難民は「40ドル払った」という。=22日、シャープリル・ドウィップ島 撮影:筆者=

 バングラの有力英字紙the Daily Star と the Daily Observer は政府高官の話として「ロヒンギャ難民強制送還の開始は遅れる」との見通しを示した。ただ遅延が確定したわけではない。

 かりにミャンマーの触れ込み通り23日に強制送還を開始するにしても、バングラ側に無理がある。

 バングラ側のトランジット・キャンプがまだ建設されていないのである。きょう田中は、トランジット・キャンプが建設されるとしたらここしかない、とされる島を地元記者と共に訪ねた。

 ミャンマー、バングラ国境を流れるナフ川に浮かぶシャープリル・ドウィップ島である。

 島はバングラ側からボートで約20分。ミャンマー側からも同じ位の距離だ。肉眼でミャンマー川岸の家屋がはっきりと見える。

 ミャンマーを脱出したほとんどのロヒンギャは、この島を経由してバングラ本土にたどり着く。島は南北1㎞、東西に0・5㎞と細長く、人口1万人。

 強制送還はコースの逆を行く訳だ。バングラ政府は常々「川から帰す」と国内メディアに答えてきた。(ミャンマー政府は「陸路」としている)

 本土から隔絶した島は、ロヒンギャ難民を一刻も早く帰したいバングラ政府にとっても好都合だ。

ナフ川の対岸はミャンマーだ。家屋がはっきりと見えた。手前はバングラの漁船。=22日、シャープリル・ドウィップ島 撮影:筆者=

ナフ川の対岸はミャンマーだ。家屋がはっきりと見えた。手前はバングラの漁船。=22日、シャープリル・ドウィップ島 撮影:筆者=

 だが、島にはトランジット・キャンプが建設される気配はない。島で生まれ島で育った商店主に聞くと「聞いてもいない」。島の隅々までを走る自転車タクシーのドライバーも首を横に振る。

 ただ、島の漁師によれば、バングラ政府はボート業者に「(難民送還用に)ボートの準備をしておくように」と依頼した、という。

 トランジット・キャンプなしの強制帰還もここに来て浮上してきた。

 地元記者によると、バングラ軍はきょう、ロヒンギャ難民キャンプのリーダーに「日没後は外に出ないように」と おふれ を出した。夜間外出禁止令である。

 23日の強制送還開始が遅れたとしても、緊迫した情勢は続く。

  〜終わり~

  ◇
読者の皆様。ロヒンギャ難民問題は日本政府のミャンマー支援が第2の惨劇を引き起こしかねません。その実情を伝えるために現地取材に来ました。カードをこすりまくっての借金です。ご支援なにとぞ宜しくお願い申し上げます…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ