【ロヒンギャ難民キャンプ発】4ヵ月間、食料配給のない家族も 大量難民で国連が手続きミス

WFP(国連世界食糧計画)の登録証(青い紙)を持って配給に並ぶ人々。=15日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

WFP(国連世界食糧計画)の登録証(青い紙)を持って配給に並ぶ人々。=15日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 人々は洪水となって駆けていた。何か事件でも起きたのかと呆気にとられたが、落ち着いて見ると、洪水の向かう先は配給物資を積んだトラックだった。

 黒山の人だかりとなっていて、何人いるのか数えきれない。「ちゃんと並べ」とでも怒鳴っているのだろうか。兵士が棒きれで難民たちを整列させていた。

 最後尾は配給物資を得るのに数時間待つことになるだろう。それでも母親たちは子供に食べさせたい。

 この日の配給物資は「米」「豆」「食用油」と「靴」だった。

 米は前回までひと月25㎏の配給だったが、今月から30㎏に増えるという。孫と子、計6人の育ち盛りを抱えるファリダ・ベガンさん(45歳)は「それでも足りない」と嘆く。

兵士は配給を受けに来た人々を棒で叩いて整列させていた。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

兵士は配給を受けに来た人々を棒で叩いて整列させていた。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 ハシナさん(40歳)は娘2人との3人暮らしだ。夫はミャンマー国軍の掃討作戦で射殺された。

 ハシナさんはこの4ヵ月間、配給を受けていない。WFP(国連世界食糧計画)の登録番号が間違っていたためだ。(ミャンマーから共に逃れてきた)親戚から食料を分けてもらい、飢えをしのいだ、という。

 「今回はロヒンギャのリーダーが軍(※)に頼んでくれたから配給をもらえるはず」と祈るような表情で語った。

 WFPは1日900人のペースで食料配給の登録手続き(写真)を進める。こちらも黒山の人だかりだ。スタッフが登録番号を書き間違えたとしても責めることはできない。

 昨年8月25日に始まった国軍の掃討作戦によりロヒンギャ65万人がどっと押し寄せた。UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)のベテラン職員が「こんな凄い難民をかつて見たことがない」と驚く。

 WFPの登録ミスは、ごく短期間に大量の難民がなだれ込んで来たことによる悲劇だ。ハシナさんは、きょう、配給を受けることができたのだろうか。

WFPに登録に来た難民。もの凄い人数でしかも騒然とした中、手続きが行われていた。ミスが出ない方が不思議だ。=20日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

WFPに登録に来た難民。もの凄い人数でしかも騒然とした中、手続きが行われていた。ミスが出ない方が不思議だ。=20日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

  〜終わり~

 (※)
配給作業はバングラ国軍の管理の下で行われる。NGOが別途独自で行うケースもある。

  ◇
読者の皆様。ロヒンギャ難民問題は日本政府のミャンマー支援が第2の惨劇を引き起こしかねません。その実情を伝えるために現地取材に来ました。カードをこすりまくっての借金です。ご支援なにとぞ宜しくお願い申し上げます…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ