【衆院選・大阪10区】リベラルの灯、一人で守り抜く辻元清美 有権者「あの人しっかりしてはる」  

「右向けと言うと右を向く。異議申し立てができない。踏み絵を踏ます。政党のあり方としてよいのか?」。辻元清美氏は独裁色の強い希望の党を批判した。=8日、高槻市 撮影:筆者=

「右向けと言うと右を向く。異議申し立てができない。踏み絵を踏ます。政党のあり方としてよいのか?」。辻元清美氏は独裁色の強い希望の党を批判した。=8日、高槻市 撮影:筆者=

 「私は希望の党には行きません」― 早くから宣言していた辻元清美(民進・前)。維新が猛威をふるう大阪で唯一人、リベラルの灯を守る。

 総選挙の公示を翌々日に控えたきょう、辻元は地元高槻市の街頭で有権者に支持を訴えた。
 
 「皆が大きな方向へ流れて行くなか『違う』というのは勇気がいる」。

 大阪にあっては維新イコール希望の党である。同僚議員と共に希望の党に流れてしまえば、政治生命は事実上断たれる。

 辻元は一時、無所属で出馬することも考えた。厳しい選挙戦となるのは必定だ。だが「一人が声を上げたことで、皆がだんだん声をあげ、一緒にやろうと言うことになった」。

 枝野幸男(埼玉5区)、長妻昭(東京7区)、近藤昭一(愛知3区)らが立ち上がった。2日、枝野が代表となり「立憲民主党」を設立する。

 立憲民主党には確かに追い風が吹いている。とはいえ、立憲民主党はまだ未知数だ。その分、不安も小さくない。

 辻元の政界デビュー時(1996年、初当選)からボランティアを務める女性は「今回は天下の一大事」と認識を示したうえで「どんなことがあっても落としてはいけない。のるか反るか。」と奥歯を噛み締めた。

 「ボランティアスタッフたちも、これまでと違って危機感を持って動いている。私も父ちゃん放っといて、ここに来た」と続けた。

民進党調査チームの一人として森友学園の建設現場に足を運んだ辻元氏。左隣の玉木雄一郎氏は希望の党に流れた。=2月、豊中市 撮影:筆者=

民進党調査チームの一人として森友学園の建設現場に足を運んだ辻元氏。左隣の玉木雄一郎氏は希望の党に流れた。=2月、豊中市 撮影:筆者=

 昨夏の参院選挙で大阪選挙区の民進党の議席は消滅した。大阪府議会、大阪市議会ともゼロというありさまだ。

 維新は民進党のネガキャンに勤(いそ)しんできた。便乗するネトウヨは辻元に集中砲火を浴びせる。

 きょうも辻元が街頭演説を終えるが早いか、一人の青年が詰め寄ってきた。青年は北朝鮮情勢と憲法9条の関係性を執拗に問うた。サングラスをかけビデオカメラを手にした男性2人を従えている。ネトウヨだ。

 「辻元さえ落とせば大阪から中道左派を根絶やしにできる」と思っているのだろう。確かにその通りだ。

 だが、大阪で立憲民主党に風を吹かせているのは、リベラルが消滅することへの危機感だ。

 辻元の演説を立ち止まって聞いていた、買い物帰りの主婦2人が口を揃えて言った。「あの人しっかりしてはるね。大丈夫やわ」。

 「辻元さんに投票しますか?」と田中が聞くと2人とも大きく頷いた。世間はしっかり見ている。

    (敬称略)

    ~終わり~
   
   ◇
皆様。大阪、鹿児島、北海道と地方出張が続き経費がかさんでいます。総選挙の結果しだいでは、この国が最悪の形でリセットされてしまうかもしれません。『田中龍作ジャーナル』は最後まで真実を伝える構えです。ご支援よろしく御願い致します・・・http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙