止められないウクライナ戦争

ウクライナ軍の前線は緊迫した空気が張りつめていた。=2014年11月、ドネツク州ボルノボハ村 写真:筆者=

ウクライナ軍の前線は緊迫した空気が張りつめていた。=2014年11月、ドネツク州ボルノボハ村 写真:筆者=

 同じ悪夢が繰り返されそうだ。ウクライナ紛争はミンスク合意を受けて15日、停戦が発効した。

 だが昨年秋のミンスク合意同様、停戦は厳守されず、散発的な戦闘から本格戦闘へと発展する恐れがある。

 米国びいきのポロシェンコ大統領が、停戦条件と和平条件に不満を持っているからだ。

 東欧駐在が長かった西側軍事筋は次のように明かす―
 
 「▼今回のミンスク合意で示された停戦ラインは、昨秋示された停戦ラインよりも、親露勢力が押し出ている。キエフ側は押し込まれている ▼ロシア側が望む連邦制をポロシェンコ大統領は認めたくない」。

 同大統領がドンバス地方(ルガンスク州、ドネツク州)をロシアにくれてやれば、戦争は終わるのだが、そうはいかない。

 昨年11月、筆者がキエフからリポートしたように、これは米国のための戦争なのだ。

ポロシェンコ大統領の豪邸はホワイトハウスそっくりだった。=2014年11月、キエフ郊外 写真:筆者=

ポロシェンコ大統領の豪邸はホワイトハウスそっくりだった。=2014年11月、キエフ郊外 写真:筆者=

 11月19日、「ユーロマイダンから1年」と題するシンポジウムがキエフのヒルトンホテルで開かれた。

 マイダンのさなか、ヤヌコビッチ大統領追放後の閣僚人事を米国務省と協議していたジェフェリー・パイアット米国大使らの顔があった。   

 前駐ヨーロッパ米軍総司令官のマーク・ハートリング氏が本音を漏らした―

 「ウクライナの国防予算は断食ダイエットだ。GDPの0.8%しかない。軍隊を改造するのに一番いいタイミングは戦時下だ」。

 総司令官は軍備増強を迫ったのである。

 ポロシェンコ大統領はホワイトハウスそっくりの邸宅を建てるほどの米国びいきだ。米国の傀儡と言った方が正確だろう。

 ロシアの影響力が濃い影を落とす連邦制を敷かれるよりも、米国が関与し続けてくれた方が、ポロシェンコ大統領の地位は安泰なのだ。

 米国も兵器を売れる。ポロシェンコ大統領にとっても、米国にとっても、ウクライナ戦争は続いた方が好都合なのだ。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ウクライナ