【ウクライナ発】 「年金をもらえない」

当局者に詰め寄る年金受給資格者たち。=17日、マリウポリ社会保険事務所前 写真:筆者=

当局者に詰め寄る年金受給資格者たち。=17日、マリウポリ社会保険事務所前 写真:筆者=

 タイトルを見てギョッと思った方も少なくないだろう。日本のことではない。ウクライナ東部の混乱だ。

 ポロシェンコ大統領が、ドネツク州とルガンスク州の親露派支配地域での公共サービスを打ち切る大統領令を公表したことは、前稿(16日付け・田中龍作ジャーナル)でも述べた。

 大統領はこの一環として親露派支配地域では、年金を支給しないことにしたのである。それも12月1日からだ。

「このままでは年金がもらえなくなる。生きてゆけない」。危機感を極度に募らせた高齢者が17日、朝早くからマリウポリの社会保険事務所に押し寄せた。

 彼らは皆、親露勢力の支配地域に住む。自家用車を相乗りするなどして、マリウポリまで来た。

 ここで登録すれば年金がもらえるようになるからだ。だが役所仕事だ。2~3人ずつしか事務所の中に入れてもらえない。

朝早く親露勢力の支配地域を出て、社会保険事務所に詰めかけた人々。=17日、ドネツク州マリウポリ 写真:筆者=

朝早く親露勢力の支配地域を出て、社会保険事務所に詰めかけた人々。=17日、ドネツク州マリウポリ 写真:筆者=

 「いつまで待たせるのか?」老女が叫ぶように訴えた。厳寒の地の北風は身を切るように冷たい。

 役人は老女の訴えなどどこ吹く風で、20~30分に1度「今度は150番と151番」と呼び込む。

 親露勢力支配地域に住む高齢者といえども、マリウポリの社会福祉事務所に登録すれば、年金はもらえる。だが、それはあくまでもマリウポリにウクライナの行政権限が及んでいる間だけだ。親露勢力はマリウポリの目前に迫っている。

 年金を株の運用に回す東アジアのどこかの国とどちらがリスキーだろうか。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ウクライナ