【ガザ点描】 ロバも殺されて 貧しき避難民の足奪う爆撃

ジャバーリヤのUNRWA避難所前では、数頭のロバが爆撃により殺されていた。=7月30日、写真:筆者=

ジャバーリヤのUNRWA避難所前では、数頭のロバが爆撃により殺されていた。=7月30日、写真:筆者=

 ロバたちがイスラエル軍の爆撃で殺されていた。爆撃の余波を受けたのではない――

 UNRWA(国連パレスチナ救済機関)の避難所前は、「ロバ荷車」の停車場になっている。ガザ全体で44ヵ所(7月20日現在)あるUNRWA避難所のほとんどすべてで、だ。

 自動車を持たない貧しい人々が、「ロバ荷車」に乗って避難してくるのである。避難所をイスラエル軍が攻撃する。必然的にロバも殺(や)られる。

 ガザの庶民にとってロバは欠くことのできない交通手段だ。街から街の移動だけではない。農作物を運搬する。配給の小麦を運ぶ。飲料水を持ち帰る……ロバなしに生活は成立しないのだ。

 避難所ばかりではない。筆者はガザの至る所でロバの死体を見た。目を開いたままのロバにハエがワンワンたかっていた。

 決して豊かでない人々にとって、ロバが殺されるのは、足を奪われるに等しい。

 停戦で農作業が再開できるようになっても、どうやって農作物を市場に運ぶのか。支援の食料が届いても、どうやって自宅まで運ぶのか。

イスラエル軍の空爆が迫り、「ロバ荷車」で脱出する家族。=7月15日、ベイトラフィーヤ 写真:筆者=

イスラエル軍の空爆が迫り、「ロバ荷車」で脱出する家族。=7月15日、ベイトラフィーヤ 写真:筆者=

 ◇
紙幅の都合により『ガザ発』の記事にはできなかったものの、伝えなくてはならない事が あまた あります。これから『ガザ点描』で少しずつ掲載して行きます。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

パレスチナ(ガザ・西岸)