「一緒に生きよう」 差別撤廃求め大行進

駒井真由美さん。娘(小6)の卒業式のために作ったチマチョゴリを着て参加した。=22日、新宿 写真:山田旬=

駒井真由美さん。娘(小6)の卒業式のために作ったチマチョゴリを着て参加した。=22日、新宿 写真:山田旬=

 「●●人を殺せ」「●●人は出てゆけ」…マイノリティーへのヘイトスピーチが吹き荒れる新宿・大久保の様相が一変した。差別撤廃を求める市民たちがきょうデモ行進した。

 「東京大行進」と名付けられたパレードは、レイシストによるヘイトスピーチの際、カウンターに立つグループで作った「People’s Front of Anti Racism」が主催した。

 「東京大行進」の名は、50年前、黒人差別の撤廃を求めて20万人が参加したワシントン大行進にちなんだ。

 秋日和のなか1,000人余りが出発点の新宿中央公園に集まった。在日コリアンが多く暮らす大阪から駆け付けた人たちの姿も見られた。

 チマチョゴリ姿の駒井真由美さん(大阪市住之江区・39歳)は、母親が在日コリアン2世だ。駒井さんは、母親への反抗心からレイシスト側のデモに加わっていたが、違和感を覚えるようになり、3月頃からカウンターに立ち始めた。

 母親が脳卒中で倒れたことが転機だった。「母には償えるものなら一生かけて償いたい」。唇を噛みしめながら話す駒井さんは、ヘイトデモに加わったことを心底後悔していた。

 

老若男女、ありとあらゆる人たちが大行進に参加した。=写真:山田旬=

老若男女、ありとあらゆる人たちが大行進に参加した。=写真:山田旬=


 
 日本は国連の「人種差別撤廃条約」に加盟(1995年)しているが、国内法はまったく整備されていない。民族差別に根ざしたヘイトスピーチは野放しの状態だ。レイシストの頭目が6月に逮捕されたが、容疑は暴行だった。

 「表現の自由はあるが差別する自由はない」。大行進に参加した男性(大学教授・50代)は話す。

 「差別をやめよう」「一緒に生きよう」…参加者たちのシュプレヒコールに街の人たちの表情もなごんだ。

 「排外デモのひどさに泣いてしまった。同じ道をきょうは笑顔で歩きたい」。李信恵さん(30代女性・大阪)が出発前に語っていた希望は実現した。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , .