貧乏記者が悩む携帯電話の機種変更

写真

酷使に酷使を重ねた愛機。時々不機嫌を起こすがビンテージものになるまで使おうと思っている。

 使い始めて5年以上経つ我が愛機(写真)はご覧のようにくたびれ果てている。今週始め頃からバッテリーを満タンに充電しているにもかかわらず、しょっちゅう電源が落ちるようになった。

 何の前ぶれもなくOFF状態になってしまうのである。気付いて立ち上げるまでの間、『取材先から電話があったら礼を失するなあ』、『フリー記者仲間からの業務連絡があったらどうしよう』などとビクビクしていた。

 昨日、やっとヒマを見つけてソフトバンクのサービスショップに行った。女性店員に症状を話すと彼女は「バッテリーかもしれませんね」言いつつも「機種変更なんかお考えではないですか?」と勧めてきた。

 同業者たちが当たり前のように使っているiPhoneに変えようかと思い詰めたこともある。ツイッターのTLも読めるし、ウェブサイトも引ける。とにかく便利だ。ところがその分通信費がかさむ。友人のH記者に聞くとそれまで使っていた携帯電話の使用料より5千円余分にかかるという。サービスショップでも同じことを言われた。

 5千円は我が家にとって大金だ。ラーメン8~9杯分にあたるではないか。発泡酒のロング缶25本分だ。1袋38円のもやしが130袋も買える。一棚買い占めることもできそうだ。

 「ツイッターのTLが読めればいいので、通信料がかからない機種ってないんですか?」。筆者は女性店員に聞いた。

 「そうですねえ、こちらの機種でしたら基本料金880円(月額)です」。彼女はSHARPの新型モデルを示した。

 『880円でTLが読めるのならこれほど有難いことはない』。筆者の心は激しく動いた。ところがそうは問屋が卸さなかった。

 「880円というのはあくまでも基本料金ですから、TLをしょっちゅう読んでいるとパケット上限の5千円位すぐ行っちゃいますよ」。商売っ気がないのか、女性店員は親切にも教えてくれた。

 「結局、iPhoneと同じになっちゃうんですね?」
「そうですね」。彼女はこともなげに答えた。

 最新情報ツールを使うにはそれなりの出費を要する、ということだ。携帯機種変更計画はここで頓挫したのであった。

 とは言え、通話可能な携帯電話が必要である。愛機のバッテリーを交換してみることにした。これまでのポイントが貯まっているのと、修理補償サービスに入っているので、新バッテリーは無料だった。

 丸1日が経った。携帯電話の電源はただ一度も落ちていない。愛機にはもう少し苦労をかけることになりそうだ。


田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .